Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019FEB 14
その他

薬剤師による多面的な介入で再入院は予防できますか?


ポリファーマシーのある入院患者に、薬剤師が薬剤レビュー、患者への面接、退院後の多職種へのフォローアップからなる多面的な介入を行うと、通常のケアと比べ再入院と救急外来受診が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2019FEB 11
感染症

外来で治療する感染症では、抗菌薬の治療期間は短くてもよいですか?


外来で治療を受ける細菌感染症の患者に短期間の抗菌薬の投与を行うと、標準的治療期間の抗菌薬の投与と比べ臨床的軽快は同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2019JAN 24
その他

高齢者の転倒予防には、どんな方法がよいですか?


高齢者に運動、運動+視力の評価と治療、運動+視力の評価と治療+環境の評価と調整、診療所レベルの質の改善活動+多因子評価と治療+カルシウム+ビタミンDの投与を行うと、傷害を伴う転倒が少ない。また、診療所及び患者レベルの質の改善活動+多因子評価と治療を行っても、転倒関連の入院は同等である

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2019JAN 21
感染症

かぜの咳には、どんな治療がよいですか?


かぜによる急性咳嗽の成人に非ステロイド性消炎鎮痛薬を投与してもプラセボと比べ咳の持続期間は同等である。小児では去痰薬を投与するとプラセボと比べ6~7日後の咳が少ない傾向にあり、咳の頻度と重症度は、ハチミツを投与すると治療なしと比べ小さく、デキストロメトルファンと比べ同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019JAN 07
感染症

肺炎の入院患者にステロイドは効果がありますか?


市中肺炎で入院した成人患者にステロイドの全身投与を行うと、プラセボと比べ総死亡が少ない傾向にあるが、高血糖と肺炎関連の再入院が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018DEC 17
がん

転移のある肺がんに、免疫チェックポイント阻害薬は効果がありますか?


転移性非小細胞肺がん患者にペメトレキセドとプラチナ製剤による化学療法に加えてペムブロリズマブを投与すると、プラセボの投与と比べ生存期間および無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018DEC 06
痛み

静脈うっ滞による足の潰瘍にアスピリンは効果がありますか?


静脈うっ滞性下腿潰瘍の患者に圧迫療法に加えてアスピリンを投与しても、プラセボの投与と比べて治癒までの期間はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018OCT 22
その他

静脈うっ滞による足の潰瘍では、静脈瘤の血管内焼灼術を使うと潰瘍は早く治りますか?


静脈うっ滞性下腿潰瘍の患者に表在性静脈逆流の血管内焼灼術を行うと、潰瘍の治癒までの期間が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018OCT 18
糖尿病

新しい糖尿病の薬、カナグリフロジンで、心不全は予防できますか?


心血管リスクの高い2型糖尿病患者にカナグリフロジンを投与すると、プラセボと比べ心血管死亡、心不全による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018OCT 11
痛み

陣痛に、バランスボール運動、マッサージ、温水シャワーは効果がありますか?


低リスク妊娠の分娩で入院した女性に、子宮口開大の程度に合わせてバランスボール運動、腰仙骨部マッサージ、温水シャワーを実施すると、通常のケアと比べ痛みの改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2018SEP 24
がん

進行した腎がんに免疫チェックポイント阻害薬は従来の抗がん剤より効果がありますか?


抗血管新生療法の治療歴がある進行腎細胞がん患者にニボルマブを投与すると、エベロリムスの投与と比べ生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2018AUG 23
がん

進行した肺がんに免疫チェックポイント阻害薬は通常の抗がん剤治療より効果がありますか?


化学療法後に進行した非扁平上皮非小細胞肺がん患者にニボルマブを投与すると、ドセタキセルの投与と比べ生存期間が長いが、がんが進行する者の割合が多い

さらに詳しく