Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2017APR 13
感染症

70歳以上の高齢者の帯状疱疹予防に、不活化帯状疱疹ワクチンは効果がありますか?


70歳以上の高齢者に不活化帯状疱疹ワクチンを接種すると、プラセボの接種と比較して帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 10
骨粗しょう症

骨粗しょう症の注射薬で腰の圧迫骨折は予防できますか?


骨粗しょう症のある閉経後女性にアバロプラチドを投与すると、プラセボと比較して新規椎体骨折が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2017FEB 09
痛み

理学療法は腰痛に効果がありますか?


急性腰痛に対して4週の理学療法を行うと、通常ケアに比べて3ヵ月後の痛みや障害の改善度は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2017FEB 02
その他

静脈血栓の予防には、退院後も飲み薬を続けたほうがよいでしょうか?


入院患者に退院後もアピキサバンを投与しても、入院中のエノキサパリン投与と比較して、静脈血栓塞栓症は同等で、大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2017JAN 26
その他

集中治療室退出後には、集中的なリハビリをしたほうがよいでしょうか?


集中治療室退室後の入院患者に、集中的なリハビリテーションを実施しても、通常のリハビリテーションと比較して3ヵ月後の移動能力は同等である

さらに詳しく
メタ分析 2016年発表
CMEC Article
2017JAN 12
脳卒中

脳梗塞後の早期再発予防にアスピリンは効果がありますか?


脳梗塞後にアスピリンを投与すると、早期の脳梗塞再発が少ない

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2016DEC 26
その他

出血性潰瘍患者の内視鏡治療後における薬剤投与は、間欠的でも問題ないでしょうか?


出血リスクの高い消化性潰瘍患者における内視鏡治療後の再出血は、プロトンポンプ阻害薬を間欠的に投与しても、継続投与と同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2016DEC 15
その他

手術後は積極的に輸血をしたほうがよいでしょうか?


大腿骨頚部骨折手術後に積極的な輸血を行っても、限定的な輸血と比較して60日後の死亡、歩行能力は同等である

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2016DEC 08
脳卒中

脳梗塞の発症直後はどんな治療が有効ですか?


急性期脳梗塞患者に血栓溶解療法に加えステント型血栓回収デバイスを使用すると、血栓溶解療法のみと比較して90日後の生活機能の自立が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
2016OCT 17
痛み

急性の筋肉痛に鎮痛薬の湿布や塗り薬は効果がありますか?


急性の筋骨格痛に外用非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を投与すると、プラセボに比べて疼痛緩和率が高い

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2016OCT 10
感染症

水痘ワクチンで、高齢者の帯状疱疹は予防できますか?


高齢者に水痘ワクチンを接種すると帯状疱疹の発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2016SEP 29
脳卒中

脳梗塞を発症したら血栓溶解剤を投与したほうがよいですか?


脳梗塞を発症後、アルテプラーゼなどの血栓溶解剤を投与すると、発症10日以内の総死亡、頭蓋内出血死亡は多いが、3~6ヵ月以内の死亡を含む中等度以上の介護依存状態は少ない

さらに詳しく