Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018FEB 08
感染症

インフルエンザワクチンは中耳炎の予防に効果がありますか?


6歳未満の小児にインフルエンザワクチンを接種すると、プラセボまたは接種なしと比べて急性中耳炎が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018FEB 05
予防接種

安価なロタウイルスワクチンでも効果はありますか?


低コストロタウイルスワクチンを接種すると、プラセボに比べて重症ロタウイルス胃腸炎が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JAN 11
感染症

急性細気管支炎では高張食塩水吸入をしたほうがよいですか?


中等度から重症の急性細気管支炎に対して高張食塩水の吸入をしても、生食吸入と入院は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2017AUG 10
感染症

吸入薬でインフルエンザの家族内発症は予防できますか?


同居家族内にインフルエンザ患者がいる小児にラニナミビルを1回吸入すると、プラセボに比べてインフルエンザ発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2017JUL 19
感染症

憩室炎に抗菌薬は効果がありますか?


憩室炎に対して抗菌薬を使っても、経過観察と比べて、回復までの期間は同等である 

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017MAY 29
喘息

小児喘息の発作には、長時間作用型ステロイドの1回投与でいいですか?


救急診療部を受診した小児喘息急性増悪患者に、長時間作用型のステロイド1回投与でも、短時間作用型のステロイド3日投与に比べて、症状の重症度はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 17
喘息

吸入ステロイドと長時間作用型気管支拡張薬の合剤は、安全性に問題がありますか?


小児の喘息患者にフルチカゾンとサルメテロールの合剤を投与すると、フルチカゾン単独の投与と比較して喘息の増悪は少ない傾向にあるが、喘息による入院は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2017MAR 13
痛み

小児の四肢外傷はケタミンの鼻腔内投与で、フェンタニルと同じく痛みは緩和しますか ?


四肢外傷の小児にケタミンの鼻腔内投与を行うと、痛みの緩和はフェンタニルと同等である

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017MAR 02
感染症

小児の急性中耳炎予防にキシリトールは効果がありますか?


12歳以下の小児がキシリトールを摂取すると、急性中耳炎の発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
2016DEC 05
感染症

小児の胃腸炎による脱水に、リンゴジュースを飲ませてもよいですか?


胃腸炎による軽症脱水の小児にリンゴジュースを投与すると、電解質補充液よりも治療の失敗が少ない

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2016NOV 14
その他

アトピー性皮膚炎にシンバイオティクスは効果がありますか?


アトピー性皮膚炎にシンバイオティクスを使うと重症度が低い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016SEP 26
感染症

重い気管支炎を繰り返す幼児の発病早期に抗生物質の投与で、悪化を予防できますか?


重症の下気道疾患を反復する幼児が発症早期にアジスロマイシンをのむと、重症化が少ない

さらに詳しく