Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020MAY 21
アレルギー

小児の重症アトピー性皮膚炎に抗IgE抗体は効果がありますか?


治療抵抗性の重症アトピー性皮膚炎の小児にオマリズマブを投与すると、プラセボと比べ重症度の改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2020MAR 09
うつ病

抗うつ薬に深刻な害はありますか?


抗うつ薬を投与すると、プラセボと比べ総死亡や自殺傾向はほぼ同等であるが、小児または思春期の患者では自殺傾向が多い

さらに詳しく
準ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020FEB 10
がん

BCGワクチンにがんの予防効果はありますか?


結核感染の既往がない小児にBCGワクチンを接種すると、プラセボと比べがんの診断が少ない傾向にあり、肺がんの診断が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019DEC 23
痛み

子どもに針を刺す処置の痛みにバーチュアルリアリティは効果がありますか?


静脈留置針挿入または静脈穿刺を受ける小児にバーチュアルリアリティを使用すると、標準的ケアと比べ疼痛が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019NOV 04
感染症

子供の虫垂炎の治療方針を決める時に、タブレット端末を利用した意思決定支援ツールは役に立ちますか?


小児の合併症がない虫垂炎患者の治療方針決定時に標準化された医療面接に加えてタブレット端末を利用した意思決定支援ツールを使用しても、標準化された医療面接のみと比べ意思決定直後の自己効力感、保護者の退院時の満足度、1年以内の障害日数はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019AUG 12
痛み

子どもの採血で、ビデオゲーム、アニメ鑑賞、親の声がけで不安や痛みは少なくなりますか?


静脈穿刺を受ける小児にビデオゲーム、アニメ鑑賞、親の声かけで気を紛らわす介入を行うと、介入なしと比べ不安と疼痛が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUL 18
喘息

学校の管理で喘息の吸入治療を行うと、喘息のコントロールはよくなりますか?


喘息の小児に学校管理下に喘息の吸入治療を行っても、通常のケアと比べ喘息コントロールスコアは同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAY 09
アレルギー

アトピー性皮膚炎に保湿入浴剤は効果がありますか?


アトピー性皮膚炎の小児が保湿入浴剤を使用しても、保湿入浴剤なしと比べ湿疹の重症度は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAR 28
感染症

滲出性中耳炎による子供の聴力低下にステロイドは効果がありますか?


聴力低下のある滲出性中耳炎の小児にプレドニゾロンを投与すると、プラセボと比べ5週後の許容できる聴力を有する患者の割合が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2019JAN 21
感染症

かぜの咳には、どんな治療がよいですか?


かぜによる急性咳嗽の成人に非ステロイド性消炎鎮痛薬を投与してもプラセボと比べ咳の持続期間は同等である。小児では去痰薬を投与するとプラセボと比べ6~7日後の咳が少ない傾向にあり、咳の頻度と重症度は、ハチミツを投与すると治療なしと比べ小さく、デキストロメトルファンと比べ同等である

さらに詳しく
メタ分析 2016年発表
CMEC Article
2018OCT 04
喘息

喘息の治療中に症状が悪化したら、ステロイドの吸入薬の量を順次増やしたほうがよいのでしょうか?


症状の増悪した小児および成人慢性喘息患者にステロイド吸入薬を漸増投与すると、定用量投与と比べて治療失敗によるステロイド薬の経口投与の割合は同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2018AUG 30
予防接種

インフルエンザワクチンは子供に効果がありますか?


小児にインフルエンザワクチン(生または不活化)を接種すると、プラセボまたは接種なしと比べ、インフルエンザ発症とインフルエンザ様症状が少なく、中耳炎は同等である

さらに詳しく