Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 15
痛み

手術を検討している手根管症候群の患者に教育、夜間シーネ固定、自宅運動プログラムは効果がありますか?


手術目的で整形外科を紹介されて受診前待機している手根管症候群の患者に、グループセッションによる教育とその後の夜間シーネ固定、自宅運動プログラムを実施すると、介入なしと比べ手術への移行が少なく、6週後の症状の改善が多く、24週後の症状の改善が多い傾向にあり、患者満足度が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020AUG 27
感染症

菌血症の治療期間はCRPを指標に決めてもよいですか?


グラム陰性菌による菌血症の患者で、有効な抗菌薬を5日間投与した後にCRPを指標に治療期間を決定すると、14日間固定の治療期間と比べ治療の失敗はほぼ同等で、7日間と14日間固定の治療期間の比較でもほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019MAY 27
痛み

夜間に脚がつる人ではマグネシウムを飲んだ方がよいですか?


夜間こむらがえりのある成人にマグネシウム製剤を投与しても、プラセボと比較して1週間あたりのこむらがえりの回数はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 09
脳卒中

急性期の脳卒中に酸素は効果がありますか?


低酸素血症がない急性期の脳卒中患者に低流量酸素を投与すると、酸素投与なしと比べ90日後の機能障害は同等であり、継続的な酸素投与と夜間のみの酸素投与を比べても同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018FEB 15
認知症

認知機能に障害がある人に対して高照度光療法は効果がありますか?


軽度認知機能障害または認知症を有する人に高照度光療法を行うと、行動障害が少なく、夜間の睡眠時間が長く、うつ症状が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2014JAN 27
感染症

小児のかぜの症状に、軟膏タイプのかぜ薬は効果がありますか?


かぜ症状のある小児に軟膏タイプのかぜ薬を塗布すると、夜間の咳や睡眠は改善するが、鼻漏症状はほぼ同等で、皮膚や目鼻の灼熱感が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
2013AUG 26
サプリメント

蜂蜜は子供の夜の咳に効きますか?


小児に蜂蜜を投与すると、夜間咳の頻度が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
2013FEB 18
その他

夜間に足がつるのを防ぐにはどうしたらよいですか?


夜間の下肢有痛性筋痙攣に対して、就寝前にストレッチをすると筋痙攣の回数が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2012MAY 31
その他

前立腺肥大症の夜間頻尿に、薬は効きますか?


前立腺肥大症の患者が就寝時に低用量デスモプレシンを内服すると、夜間頻尿が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2007年発表
2010AUG 30
サプリメント

ハチミツで咳が治まるのでしょうか?


ハチミツは小児の上気道炎による夜間の咳が少ない

さらに詳しく