Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 29
感染症

同居家族がインフルエンザに感染した場合、バロキサビルで家庭内感染は予防できますか?


インフルエンザを発症した同居家族と接触した健常者に、バロキサビルを投与すると、プラセボと比べインフルエンザの発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020OCT 26
感染症

繰り返す尿路感染症に鍼治療は効果がありますか?


反復性の単純性尿路感染症の女性患者に鍼治療または灸療法を行うと、抗菌薬の投与と比べ治癒が多く、鍼治療を行うと治療なし、あるいは見せかけの鍼治療と比べ再発が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 12
心疾患

急性冠症候群では、2種類の血液を固まりにくくする薬を飲んだ後、1つを減らしてもよいですか?


薬剤溶出性ステントで治療された急性冠症候群の患者に、チカグレロルとアスピリンを3か月投与し、その後にアスピリンを中止してチカグレロルのみ継続すると、チカグレロルとアスピリンを12ヶ月継続した場合に比べて、重大出血と心血管イベントの複合アウトカムが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 08
脂質異常症

心臓病や脳梗塞になった人は、新しいコレステロールを下げる注射薬(PCSK9阻害薬)で脳卒中を予防できますか?


動脈硬化性疾患の既往がある心血管リスクが高い患者に、スタチンに加えてエボロクマブを投与すると、プラセボの投与と比べ脳卒中、脳梗塞が少ないが、出血性脳卒中はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 05
COPD

慢性閉塞性肺疾患に対する吸入薬3剤併用療法は、ステロイドの量で効果に差がありますか?


慢性閉塞性肺疾患患者に対する吸入薬として、ブデソニド、グリコピロニウム臭化物、ホルモテロールフマル酸塩の合剤は、ブテゾニドの投与量が1回320μgまたは160μg、いずれにおいても、グリコピロニウム臭化物とホルモテロールフマル酸塩の合剤、もしくはブデソニド(1回160μg)とホルモテロールフマル酸塩の合剤と比べて、増悪が少ない。

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020SEP 28
がん

限局性前立腺がんの放射線療法(外照射)に追加する治療は、ホルモン療法と 小線源療法(放射線療法)のどちらがよいですか?


限局性前立腺がん患者に外照射に加えてアンドロゲン除去療法を行うと、外照射のみと比べ全生存期間が長いが、小線源療法の追加と外照射のみの比較では同等であり、アンドロゲン除去療法の追加を行うと小線源療法の追加と比べ全生存期間が長い

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020SEP 24
感染症

呼吸器ウイルス感染症はマスクで予防できますか?


マスクを使用すると、マスクなしと比べ呼吸器ウイルス感染症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020SEP 21
その他

消化管出血にトラネキサム酸は効果がありますか?


出血による死亡のリスクが高い重篤な消化管出血の患者に、トラネキサム酸を投与しても、プラセボと比べ5日以内の出血による死亡は同等で、静脈血栓塞栓症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020SEP 14
感染症

子どもの虫垂炎では手術をしなくてもよいですか?


急性非穿孔性虫垂炎の小児患者に抗菌薬による非手術的治療を行うと、虫垂切除術と比べ5年後の治療の失敗が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020SEP 10
痛み

変形性膝関節症の痛みに高張ブドウ糖の関節注射は効果がありますか?


変形性膝関節症の患者に高張ブドウ糖の関節注射を行うと、生理食塩水の関節注射と比べ52週後の疼痛が小さい

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020SEP 03
糖尿病

新しい糖尿病の薬(SGLT2阻害薬)で糖尿病性ケトアシドーシスは増えますか?


2型糖尿病患者にSGLT2阻害薬を投与すると、治療なし、プラセボの投与、または他の糖尿病治療薬の投与と比べ糖尿病性ケトアシドーシスが多い

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020AUG 31
感染症

敗血症の初期治療では、どれくらいの量の点滴をすればよいですか?


敗血症患者の初期治療に用いる輸液の投与量が、少なくても、多くても、総死亡、重篤な有害事象はほぼ同等である

さらに詳しく