Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019NOV 04
感染症

子供の虫垂炎の治療方針を決める時に、タブレット端末を利用した意思決定支援ツールは役に立ちますか?


小児の合併症がない虫垂炎患者の治療方針決定時に標準化された医療面接に加えてタブレット端末を利用した意思決定支援ツールを使用しても、標準化された医療面接のみと比べ意思決定直後の自己効力感、保護者の退院時の満足度、1年以内の障害日数はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019AUG 05
喘息

喘息が悪化したときは、吸入ステロイドの量を増やしたほうがよいですか?


喘息悪化時に吸入ステロイドの用量を4倍にすると、通常の自己管理と比べステロイドの全身投与または予定のない医療機関受診を要する喘息悪化が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUN 10
痛み

膝や股関節、腰のつらい痛みには、医療用麻薬を使ったほうが痛みは和らぎますか?


中等度から重度の慢性腰痛もしくは変形性関節症による股関節痛・膝痛患者に対してオピオイド性鎮痛薬を投与すると、非オピオイド性鎮痛薬の投与と比較して疼痛スコアは同等であるが、有害事象は多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019FEB 14
その他

薬剤師による多面的な介入で再入院は予防できますか?


ポリファーマシーのある入院患者に、薬剤師が薬剤レビュー、患者への面接、退院後の多職種へのフォローアップからなる多面的な介入を行うと、通常のケアと比べ再入院と救急外来受診が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2009年発表
CMEC Article
2018AUG 02
感染症

医療従事者のインフルエンザ予防には、N95マスクではなく、サージカルマスクでもよいですか?


医療従事者がインフルエンザ流行期にサージカルマスクを使用すると、N95マスクの使用と比べ検査で確認されたインフルエンザは同等であるが、インフルエンザ様疾患は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 16
その他

入院患者には、週末にもリハビリや医療ソーシャルワーカー、栄養士による新しいサービスを提供したほうがよいですか?


週末もコメディカルによる新たなサービスを提供すると、週末のサービスなしと比べ想定より長期の入院は少なく、平均入院期間は長く、有害事象は多く、再入院は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 12
その他

入院患者には、週末にもリハビリや医療ソーシャルワーカー、栄養士によるサービスを提供したほうがよいですか?


急性期病棟入院患者に週末もコメディカルによるサービスを提供すると、週末のサービスなしと比べ想定より長期の入院、有害事象、再入院は同等、平均入院期間は短い

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017MAR 23
感染症

医療従事者の気道感染症予防には、N95マスクを使ったほうがよいのでしょうか?


医療従事者がN95マスクを使用しても、サージカルマスクの使用と比較して気道感染症の発症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2016JAN 07
その他

院外での心停止では、心電図解析前の心肺蘇生はどのくらいすればよいですか?


院外で心停止を起こした患者に対して、心電図解析前に救急医療班が、心肺蘇生を短めに行っても長めに行っても、十分な身体機能状態での生存退院はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2014JUN 19
その他

医療従事者のコミュニケーションスキル研修で、終末期ケアは向上しますか?


終末期ケアをする医療従事者にコミュニケーションスキル訓練をすると、患者のうつ病スコアが高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2014MAR 24
その他

医療ITを利用した転倒予防ツールで入院中の転倒は防げますか?


医療ITを利用した転倒予防ツールキットを使用すると急性期病院での転倒が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験(医療経済評価)2010年発表
CMEC Article
2013JUL 04
その他

患者に電話で支援を積極的に行うと医療費を削減できますか?


医療費が高額になると予測された患者に対し、電話による自己管理スキル向上のための強化ケアマネジメントを行うと、通常のケアマネジメントに比べて入院件数や医療費が少ない

さらに詳しく