Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019APR 18
骨粗しょう症

圧迫骨折の痛みに手術は効果がありますか?


急性椎体圧迫骨折の患者に椎体形成術を行っても、みせかけの処置と比べ疼痛の改善は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019APR 15
痛み

股関節インピンジメント症候群に対する関節鏡手術は保存的治療よりも効果がありますか?


股関節インピンジメント症候群の患者に関節鏡手術を行うと、保存的治療と比べ12ヵ月後の股関節に関連した生活の質が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019APR 11
その他

重症患者のアシデミアに炭酸水素ナトリウムは効果がありますか?


集中治療室に入室したアシデミア患者に、炭酸水素ナトリウムを投与しても、炭酸水素ナトリウム投与なしと比べて、28日後の総死亡、7日後の臓器不全はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019APR 08
その他

閉経後の膣の痒みや痛みにエストロゲン膣錠や膣保湿剤は効果がありますか?


陰部や膣に中等度から重度の掻痒感や疼痛、刺激感、乾燥症状のある閉経後女性に、エストラジオール膣錠または膣保湿剤を投与しても、プラセボと比べ最もわずらわしい症状の重症度改善は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019APR 01
痛み

乳がんのホルモン療法による関節痛に鍼治療は効果がありますか?


アロマターゼ阻害薬関連関節痛を有する乳がん患者に鍼治療を行うと、見せかけの鍼治療、もしくは針治療なしと比べ、6週後の関節痛改善が大きいが、臨床的に意味のある差はない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAR 28
感染症

滲出性中耳炎による子供の聴力低下にステロイドは効果がありますか?


聴力低下のある滲出性中耳炎の小児にプレドニゾロンを投与すると、プラセボと比べ5週後の許容できる聴力を有する患者の割合が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019MAR 18
痛み

慢性的な痛みに鍼治療は効果がありますか?


慢性疼痛を有する患者に鍼治療を行うと、みせかけの鍼治療もしくは治療なしと比べ、疼痛または機能障害が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019MAR 14
糖尿病

糖尿病の末梢神経障害にビタミンEは効果がありますか?


末梢神経障害のある糖尿病患者にトコトリエノールを投与すると、プラセボと比べ12ヵ月後の末梢神経障害の症状は同等で、感染症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAR 04
心疾患

心房細動と心不全がある人にカテーテルアブレーションは効果がありますか?


心房細動と心不全がある患者にカテーテルアブレーションを行うと、薬物療法と比べ、総死亡及び心不全悪化による入院が少ない

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019JAN 17
喘息

喘息の長期管理と発作時の治療に同じ吸入薬を使う治療法は、長期管理薬と発作治療薬を使い分ける従来治療よりも効果がありますか?


持続型喘息の患者に吸入ステロイド+長時間作用型β刺激薬(LABA)を長期管理薬と発作治療薬の両方に使用するSMART療法を行うと、吸入ステロイド+LABA合剤を長期管理薬、短時間作用型β刺激薬を発作治療薬として使用する従来治療と比べ喘息の増悪が少ない

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019JAN 14
高血圧

もともとの血圧の高さによって、血圧を下げる薬の治療効果に差はありますか?


降圧治療を行うと、一次予防で治療開始前の収縮期血圧が140mmHg以上の人では総死亡、心血管イベントが少ないが、収縮期血圧140mmHg未満の人では同等であり、冠動脈疾患の既往がある人では総死亡は同等で、心血管イベントが少ない

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019JAN 07
感染症

肺炎の入院患者にステロイドは効果がありますか?


市中肺炎で入院した成人患者にステロイドの全身投与を行うと、プラセボと比べ総死亡が少ない傾向にあるが、高血糖と肺炎関連の再入院が多い

さらに詳しく