Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018DEC 17
がん

転移のある肺がんに、免疫チェックポイント阻害薬は効果がありますか?


転移性非小細胞肺がん患者にペメトレキセドとプラチナ製剤による化学療法に加えてペムブロリズマブを投与すると、プラセボの投与と比べ生存期間および無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018DEC 13
感染症

乳児の重症細気管支炎に鼻カニューレ高流量酸素療法は効果がありますか?


酸素補給療法を必要とする細気管支炎の乳児に、鼻カニューレ高流量酸素療法を行うと、標準酸素療法と比べ、治療失敗による治療の段階的増強が少ない

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2018DEC 10
その他

赤ちゃんの夜泣きに乳酸菌は効果がありますか?


乳児疝痛の乳児に乳酸菌を投与すると、プラセボに比べて啼泣やぐずりの持続時間は短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018DEC 06
痛み

静脈うっ滞による足の潰瘍にアスピリンは効果がありますか?


静脈うっ滞性下腿潰瘍の患者に圧迫療法に加えてアスピリンを投与しても、プラセボの投与と比べて治癒までの期間はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018NOV 26
がん

がんの胸水に薬物の注入は効果がありますか?


胸腔ドレーン挿入後も有意な胸水が残存する悪性胸水の患者にウロキナーゼを胸腔内注入後に胸膜癒着術を実施すると、プラセボ注入後の胸膜癒着術実施と比べ呼吸困難と胸膜癒着術の失敗は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2018OCT 25
痛み

臀部の痛みにリハビリやステロイド注射は効果がありますか?


臀部の腱障害の患者に荷重管理教育と運動プログラムを実施すると、経過観察と比べ52週後の全般的臀部症状改善度での治療成功が多く、痛みが少ないが、ステロイド注射では全般的臀部症状改善度での治療成功は同等で、痛みが少ない。

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018OCT 11
痛み

陣痛に、バランスボール運動、マッサージ、温水シャワーは効果がありますか?


低リスク妊娠の分娩で入院した女性に、子宮口開大の程度に合わせてバランスボール運動、腰仙骨部マッサージ、温水シャワーを実施すると、通常のケアと比べ痛みの改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2018SEP 24
がん

進行した腎がんに免疫チェックポイント阻害薬は従来の抗がん剤より効果がありますか?


抗血管新生療法の治療歴がある進行腎細胞がん患者にニボルマブを投与すると、エベロリムスの投与と比べ生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018SEP 17
その他

便秘型過敏性腸症候群にプレカナチドは効果がありますか?


便秘型過敏性腸症候群の患者にプレカナチドを投与すると、プラセボの投与と比べ治療に反応した患者の割合が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2018SEP 13
その他

便秘型過敏性腸症候群にプレカナチドは効果がありますか?


便秘型過敏性腸症候群の患者にプレカナチドを投与すると、プラセボの投与と比べ治療に反応した患者の割合が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018SEP 10
COPD

好酸球増加のある慢性閉塞性肺疾患(COPD)にメポリズマブは効果がありますか?


中等症以上の増悪の既往があり、3剤併用維持療法を行っている好酸球増加を伴う慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者にメポリズマブを投与すると、プラセボと比べ中等症または重症の増悪が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018SEP 06
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)にメポリズマブは効果がありますか?


中等症以上の増悪の既往があり、3剤併用維持療法を行っている慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者にメポリズマブを投与すると、好酸球増加型の患者では、プラセボと比べ中等症または重症の増悪が少ない

さらに詳しく