Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020OCT 26
感染症

繰り返す尿路感染症に鍼治療は効果がありますか?


反復性の単純性尿路感染症の女性患者に鍼治療または灸療法を行うと、抗菌薬の投与と比べ治癒が多く、鍼治療を行うと治療なし、あるいは見せかけの鍼治療と比べ再発が少ない

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020OCT 22
がん検診

CTによる肺がん検診は効果がありますか?


低線量CTによる肺がん検診を行うと、通常のケアまたは胸部X線による肺がん検診と比べ肺がんによる死亡が少ないが、総死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 19
痛み

慢性の痛みに、感情認識と表現療法は効果がありますか?


慢性の筋骨格系由来の疼痛を有する患者に、感情認識と表現療法を実施すると、認知行動療法と比べ治療後の疼痛スコアの改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 15
痛み

手術を検討している手根管症候群の患者に教育、夜間シーネ固定、自宅運動プログラムは効果がありますか?


手術目的で整形外科を紹介されて受診前待機している手根管症候群の患者に、グループセッションによる教育とその後の夜間シーネ固定、自宅運動プログラムを実施すると、介入なしと比べ手術への移行が少なく、6週後の症状の改善が多く、24週後の症状の改善が多い傾向にあり、患者満足度が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 05
COPD

慢性閉塞性肺疾患に対する吸入薬3剤併用療法は、ステロイドの量で効果に差がありますか?


慢性閉塞性肺疾患患者に対する吸入薬として、ブデソニド、グリコピロニウム臭化物、ホルモテロールフマル酸塩の合剤は、ブテゾニドの投与量が1回320μgまたは160μg、いずれにおいても、グリコピロニウム臭化物とホルモテロールフマル酸塩の合剤、もしくはブデソニド(1回160μg)とホルモテロールフマル酸塩の合剤と比べて、増悪が少ない。

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020SEP 21
その他

消化管出血にトラネキサム酸は効果がありますか?


出血による死亡のリスクが高い重篤な消化管出血の患者に、トラネキサム酸を投与しても、プラセボと比べ5日以内の出血による死亡は同等で、静脈血栓塞栓症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020SEP 10
痛み

変形性膝関節症の痛みに高張ブドウ糖の関節注射は効果がありますか?


変形性膝関節症の患者に高張ブドウ糖の関節注射を行うと、生理食塩水の関節注射と比べ52週後の疼痛が小さい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020SEP 07
心疾患

血液を固まりにくくする薬の2剤併用による心臓病や脳卒中の予防効果は、糖尿病の有無で変わりますか?


冠動脈疾患または末梢動脈疾患の既往がある患者にアスピリンに加えてリバーロキサバンを投与すると、アスピリン単独投与に比べて、糖尿病の有無に関わらず心血管死亡、脳卒中、心筋梗塞は少ないが、重大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020AUG 24
その他

血行再建術後の足の動脈硬化にリバーロキサバンは効果がありますか?


血行再建術後の末梢動脈疾患の患者にアスピリンに加えてリバーロキサバンを投与すると、プラセボの投与と比べ急性下肢虚血、血管性重大下肢切断、心筋梗塞、脳梗塞、心血管死亡が少ないが、重大出血は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020AUG 20
その他

にきびに過酸化ベンゾイルは効果がありますか?


尋常性ざ瘡の患者に過酸化ベンゾイルを外用すると、プラセボまたは治療なしと比べ、ざ瘡の改善が多いが、アダパレン外用、クリンダマイシン外用と比べ、ざ瘡の改善は同等であり、プラセボまたは治療なしと比べ有害事象による治療中断が多く、アダパレン外用、クリンダマイシン外用と比べ、有害事象による治療中断が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020AUG 10
痛み

変形性関節症に痛み止めは効果がありますか?


変形性関節症の患者に非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)の外用剤を用いると、プラセボと比べ疼痛が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020AUG 06
心疾患

心臓の機能が保たれた心不全にもサクビトリル-バルサルタンは効果がありますか?


左室駆出率が保たれた心不全の患者にサクビトリル-バルサルタンを投与すると、バルサルタンの投与と比べ心不全による入院、心血管死亡が少ない傾向にあるが、低血圧と血管浮腫が多い

さらに詳しく