Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018FEB 19
冠動脈疾患

心臓病の血管のステントはどんな種類で、                                         2種類の抗血小板薬はどれくらいの期間飲めばよいですか?


生体吸収性スキャフォールド、生分解性ポリマーステント、エベロリムスまたはゾタロリムス溶出性非吸収性ポリマーステントで死亡、心筋梗塞、標的血管の血行再建術は同等。非吸収性ポリマーステントで生体吸収性スキャフォールドと比べてステント血栓症が少なく、2種類の抗血小板薬の12ヵ月を超える投与で大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018FEB 01
がん

早期の前立腺がんは、手術をすると長生きできますか?


限局性前立腺癌患者に前立腺全摘術を行うと、経過観察と比べて死亡が少ない傾向にあるが、尿失禁と性機能障害が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JAN 25
がん

乳がんに抗がん剤の併用は有効で安全ですか?


HER2陽性乳がん患者にラパチニブとトラスツズマブを併用すると、全生存期間は延長するが、重篤な有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017SEP 18
その他

白血病にブリナツモマブは効果がありますか?


急性リンパ性白血病患者にブリナツモマブを投与すると、標準化学療法に比べて全生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017SEP 04
その他

男性の頻尿には2種類の薬を合わせて使ったほうがよいですか?


良性前立腺肥大の男性でイミダフェナシンとアルフゾシンを合わせて投与するほうが、アルフゾシン単独と比較して1日の排尿回数が統計学的には少ない

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017JUL 06
脂質異常症

コレステロールの低下は治療の種類によって効果に違いがありますか?


スタチンとスタチン以外の治療(食事療法、空腸バイパス術、エゼチミブ、胆汁酸排泄促進薬)では、LDLコレステロール低下の程度に応じて同程度に心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2017JUN 26
骨粗しょう症

骨折の痛みに、椎体形成術は効果がありますか?


骨粗鬆症性骨折に椎体形成術を行うと急性疼痛が改善する人の割合が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016AUG 29
がん

乳がん手術後の放射線治療は、リンパ節領域まで照射したほうがよいでしょうか?


乳がんの術後に全乳房照射もしくは胸壁照射に加え、リンパ領域照射を行うと、リンパ領域照射を行わない場合に比べ10年後の生存が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016JUL 25
がん

乳房温存手術後の乳がん放射線治療は、リンパ節領域まで照射したほうがよいでしょうか?


乳房温存手術後に全乳房照射に加えリンパ領域照射を行っても、全乳房照射のみに比べて10年後の生存はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2016APR 28
糖尿病

糖尿病で血圧を下げたい場合、どんな薬がよいでしょうか?


糖尿病にACEIまたはARBを投与すると、その他の降圧薬に比べて、心筋梗塞、狭心症、心不全は少ない傾向にあるが、総死亡、心血管死亡、脳卒中、血行再建術、末期腎不全はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016APR 14
心疾患

心房細動に対する左心耳閉鎖術は、ワルファリンより効果がありますか?


心房細動患者にデバイスを用いた経皮的左心耳閉鎖術を行うと、ワルファリンに比べて、心血管疾患が少ないが、事故は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2016MAR 24
がん

前立腺がんは放射線による治療を受けたほうがよいのでしょうか?


局所進行前立腺がんに対してアンドロゲン除去療法に加えて放射線療法を行うと、生存が多い

さらに詳しく