Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2018SEP 24
がん

進行した腎がんに免疫チェックポイント阻害薬は従来の抗がん剤より効果がありますか?


抗血管新生療法の治療歴がある進行腎細胞がん患者にニボルマブを投与すると、エベロリムスの投与と比べ生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2018AUG 23
がん

進行した肺がんに免疫チェックポイント阻害薬は通常の抗がん剤治療より効果がありますか?


化学療法後に進行した非扁平上皮非小細胞肺がん患者にニボルマブを投与すると、ドセタキセルの投与と比べ生存期間が長いが、がんが進行する者の割合が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JUN 21
その他

閉経後のホルモン療法には、どんな効果と副作用がありますか?


閉経後の女性にエストロゲンとプロゲステロンを投与すると、プラセボと比べ骨折が少ないが、乳癌、脳卒中が多く、冠動脈疾患は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAY 21
その他

胃酸の分泌を抑える新しい薬、ボノプラザンは、アスピリン潰瘍の再発予防に効果がありますか?


消化性潰瘍の既往があり、低用量アスピリンの投与が必要な患者にボノプラザンを投与すると、ランソプラゾールの投与と比べ消化性潰瘍の再発が少ない傾向にあるが、胃がん食道がんが多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018MAY 10
その他

前立腺肥大症の症状にシロドシンは効果がありますか?


シロドシンを投与すると、プラセボと比べ症状スコア、生活の質の改善が大きく、治療の中断は同等で、性的有害事象が多く、タムスロシン、ナフトピジルと比べ症状スコア、生活の質の改善、治療の中断は同等で、性的有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAY 07
その他

がん患者のせん妄にベンゾジアゼピン系の鎮静薬を追加すると効果はありますか?


興奮性せん妄がある進行がん患者にハロペリドールの静脈注射に加えてロラゼパムの静脈注射を行うと、プラセボの投与と比べ興奮性せん妄の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018FEB 01
がん

早期の前立腺がんは、手術をすると長生きできますか?


限局性前立腺癌患者に前立腺全摘術を行うと、経過観察と比べて死亡が少ない傾向にあるが、尿失禁と性機能障害が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JAN 25
がん

乳がんに抗がん剤の併用は有効で安全ですか?


HER2陽性乳がん患者にラパチニブとトラスツズマブを併用すると、全生存期間は延長するが、重篤な有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017SEP 04
その他

男性の頻尿には2種類の薬を合わせて使ったほうがよいですか?


良性前立腺肥大の男性でイミダフェナシンとアルフゾシンを合わせて投与するほうが、アルフゾシン単独と比較して1日の排尿回数が統計学的には少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017AUG 07
がん

ニラパリブは卵巣がんの再発に効果がありますか?


プラチナ製剤感受性の再発性卵巣がんにニラパリブを投与すると、無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
CMEC Article
2017JUL 24
がん

進行した悪性黒色腫に新しい免疫チェックポイント阻害薬は効果がありますか?


進行した悪性黒色腫の手術後にイピリムマブを投与すると、プラセボの投与と比較して無再発生存が多いが、重篤な有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017JUL 13
がん

抗PD-1抗体製剤は非小細胞性肺がんに効果がありますか?


ペムブロリズマブを進行期の非小細胞性肺がんに投与すると、従来の化学療法に比べ無増悪生存期間が長い

さらに詳しく