Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2017MAR 13
痛み

小児の四肢外傷はケタミンの鼻腔内投与で、フェンタニルと同じく痛みは緩和しますか ?


四肢外傷の小児にケタミンの鼻腔内投与を行うと、痛みの緩和はフェンタニルと同等である

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2017FEB 27
その他

出血性外傷には止血剤を使ったほうがよいですか?


急性出血性外傷患者に抗線溶剤を投与すると、プラセボに比べて総死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2017FEB 20
その他

高齢者がプログラムされた運動をすると、転倒による大けがを予防できますか?


高齢者が構造化された中強度の身体活動をしても、転倒による重篤な外傷の発生は同等である

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2016DEC 26
その他

出血性潰瘍患者の内視鏡治療後における薬剤投与は、間欠的でも問題ないでしょうか?


出血リスクの高い消化性潰瘍患者における内視鏡治療後の再出血は、プロトンポンプ阻害薬を間欠的に投与しても、継続投与と同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2015JAN 29
その他

重大な出血性の外傷に、トラネキサム酸は効果がありますか?


重症出血もしくは重症出血リスクのある外傷患者に対し、トラネキサム酸を投与すると、死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2014JUL 17
その他

外傷による出血性ショックでは、救急隊が高張液を注射したほうがよいですか?


病院到着前に高張液を急速静注しても、生理食塩水に比べて28日後の生存は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2014FEB 20
その他

事故で脳に損傷があるときに体温を下げると脳を守れますか?


脳外傷後に低体温療法を行っても、脳機能予後は同等で、死亡は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析1995年発表
CMEC Article
2013APR 18
感染症

けがをした後、抗菌薬を投与すると感染症を予防できますか?


外傷患者に抗菌薬の予防的全身投与を行うと、創感染が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2009年発表
2012MAY 21
副作用

胃潰瘍で出血がある時、アスピリンを飲み続けてもよいでしょうか?


心血管疾患の二次予防としてアスピリン服用中に出血性胃潰瘍を発症し、アスピリンを継続した場合、中止した場合と比べて、再出血のリスクが高まるが、死亡率は低い

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
2011SEP 26
サプリメント

脳卒中を予防するには、ビタミンEを飲んだほうがよいのでしょうか?


脳卒中の予防にビタミンEを投与すると、出血性脳卒中の発症は多く、虚血性脳卒中は少ないが、脳卒中では変わらない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2011JUL 14
その他

トラネキサム酸で、出血による死亡を防げますか?


出血性の外傷患者にトラネキサム酸を投与すると、総死亡、出血による死亡は少ない

さらに詳しく