Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019FEB 14
その他

薬剤師による多面的な介入で再入院は予防できますか?


ポリファーマシーのある入院患者に、薬剤師が薬剤レビュー、患者への面接、退院後の多職種へのフォローアップからなる多面的な介入を行うと、通常のケアと比べ再入院と救急外来受診が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2019JAN 24
その他

高齢者の転倒予防には、どんな方法がよいですか?


高齢者に運動、運動+視力の評価と治療、運動+視力の評価と治療+環境の評価と調整、診療所レベルの質の改善活動+多因子評価と治療+カルシウム+ビタミンDの投与を行うと、傷害を伴う転倒が少ない。また、診療所及び患者レベルの質の改善活動+多因子評価と治療を行っても、転倒関連の入院は同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019JAN 07
感染症

肺炎の入院患者にステロイドは効果がありますか?


市中肺炎で入院した成人患者にステロイドの全身投与を行うと、プラセボと比べ総死亡が少ない傾向にあるが、高血糖と肺炎関連の再入院が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018OCT 18
糖尿病

新しい糖尿病の薬、カナグリフロジンで、心不全は予防できますか?


心血管リスクの高い2型糖尿病患者にカナグリフロジンを投与すると、プラセボと比べ心血管死亡、心不全による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018OCT 11
痛み

陣痛に、バランスボール運動、マッサージ、温水シャワーは効果がありますか?


低リスク妊娠の分娩で入院した女性に、子宮口開大の程度に合わせてバランスボール運動、腰仙骨部マッサージ、温水シャワーを実施すると、通常のケアと比べ痛みの改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 16
その他

入院患者には、週末にもリハビリや医療ソーシャルワーカー、栄養士による新しいサービスを提供したほうがよいですか?


週末もコメディカルによる新たなサービスを提供すると、週末のサービスなしと比べ想定より長期の入院は少なく、平均入院期間は長く、有害事象は多く、再入院は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 12
その他

入院患者には、週末にもリハビリや医療ソーシャルワーカー、栄養士によるサービスを提供したほうがよいですか?


急性期病棟入院患者に週末もコメディカルによるサービスを提供すると、週末のサービスなしと比べ想定より長期の入院、有害事象、再入院は同等、平均入院期間は短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 30
心疾患

ナトリウム利尿ペプチドを指標に心不全の治療をすると、心不全による入院や心臓病による死亡は減少しますか?


左室駆出率の低下した高リスクの心不全患者にNT-proBNPを指標とした心不全治療を行うと、通常のケアと比べ心不全による入院、心血管死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JAN 11
感染症

急性細気管支炎では高張食塩水吸入をしたほうがよいですか?


中等度から重症の急性細気管支炎に対して高張食塩水の吸入をしても、生食吸入と入院は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017DEC 07
感染症

インフルエンザの入院患者には抗菌薬と解熱鎮痛薬を追加したほうがよいですか?


インフルエンザの入院患者に、オセルタミビルに加え、クラリスロマイシンとナプロキサンを追加すると死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017OCT 05
感染症

抗菌薬は整腸剤と併せて飲んだほうがよいでしょうか?


抗菌薬を使用する成人の入院患者にプロバイオティクスを投与すると、プラセボまたは投与なしと比べてクロストリジウム・ディフィシル感染症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017OCT 02
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の悪化後にマスクを用いた人工呼吸器を使うと、再入院や死亡は予防できますか? 


非侵襲的陽圧換気を要する慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪後で高二酸化炭素血症が残存する患者に在宅酸素療法に加え非侵襲的陽圧換気を行うと、在宅酸素療法のみと比べ再入院または死亡までの期間が長い

さらに詳しく