Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 26
冠動脈疾患

造影剤の合併症は、炭酸水素ナトリウムやアセチルシステインで予防できますか?


血管造影を予定している腎合併症のリスクが高い患者において、死亡、透析の必要性、持続的な腎機能障害は、炭酸水素ナトリウムを投与しても、生理食塩水の投与と同等であり、またアセチルシステインを投与してもプラセボの投与と同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018FEB 26
痛み

急性の手足の痛みには、どんな鎮痛薬がよいですか?


急性の四肢の痛みにイブプロフェンとアセトアミノフェンを投与すると、オキシコドン、ヒドロコドン、コデインの各剤とアセトアミノフェンの組み合わせと比べ、2時間後の痛みの減少は同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JAN 25
がん

乳がんに抗がん剤の併用は有効で安全ですか?


HER2陽性乳がん患者にラパチニブとトラスツズマブを併用すると、全生存期間は延長するが、重篤な有害事象が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JAN 08
糖尿病

糖尿病患者の足の潰瘍に抗菌作用があるドレッシング剤や塗り薬は効果がありますか?


糖尿病足潰瘍の患者に抗菌作用があるドレッシング剤を使用すると、抗菌作用がないドレッシング剤の使用と比べて潰瘍の治癒が多く、抗菌薬の外用では多い傾向にある。

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017DEC 04
糖尿病

糖尿病患者の足のひび割れに保湿剤は効果がありますか?


糖尿病患者の足の亀裂に保湿剤を外用すると、プラセボの外用と比べて亀裂の治癒が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017AUG 14
うつ病

青少年の大うつ病にはどの抗うつ薬が効きますか?


フルオキセチンのみがプラセボより効果が高く、デュロキセチンやイミプラミンより忍容性が高いが、ベンラファキシンはプラセボや他剤に比べて自殺のリスクが高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 27
COPD

慢性閉塞性肺疾患では、3種類の薬が入った吸入薬を使ったほうがよいですか?


慢性閉塞性肺疾患患者に、ステロイド、ベータ刺激薬、抗コリン薬の合剤を吸入しても、ステロイド、ベータ刺激薬の合剤の吸入と比較して呼吸困難はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 17
喘息

吸入ステロイドと長時間作用型気管支拡張薬の合剤は、安全性に問題がありますか?


小児の喘息患者にフルチカゾンとサルメテロールの合剤を投与すると、フルチカゾン単独の投与と比較して喘息の増悪は少ない傾向にあるが、喘息による入院は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2017FEB 27
その他

出血性外傷には止血剤を使ったほうがよいですか?


急性出血性外傷患者に抗線溶剤を投与すると、プラセボに比べて総死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2016SEP 29
脳卒中

脳梗塞を発症したら血栓溶解剤を投与したほうがよいですか?


脳梗塞を発症後、アルテプラーゼなどの血栓溶解剤を投与すると、発症10日以内の総死亡、頭蓋内出血死亡は多いが、3~6ヵ月以内の死亡を含む中等度以上の介護依存状態は少ない

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016JUN 27
冠動脈疾患

心臓冠動脈のステント留置は、どのくらいの期間2種類の血栓を防ぐ薬を飲めばよいでしょうか?


ステント留置後、抗血小板剤2剤併用療法を12ヵ月行った場合に比べ、12ヵ月未満では大出血は少ないが、12ヵ月超では心筋梗塞は少ないが、大出血や総死亡が多い

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
2016APR 04
糖尿病

2型糖尿病は血圧をどの程度下げるとよいですか?


2型糖尿病は降圧剤で収縮期血圧を10mmHg下げると、死亡や心血管疾患、脳卒中などの重大な疾患の発症が少ない

さらに詳しく