Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUN 25
その他

便秘型過敏性腸症候群にテナパノールは効果がありますか?


便秘型の過敏性腸症候群の患者にテナパノールを投与すると、プラセボと比べ治療への反応が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUN 22
糖尿病

新しい糖尿病の薬(DPP-4阻害薬)は高齢者に効果がありますか?


心血管疾患の既往あるいは腎機能障害を認める2型糖尿病患者にリナグリプチンを投与すると、プラセボと比べ心血管イベントは同等であるが、75歳以上の高齢者では心血管イベントが少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUN 18
アレルギー

新生児に保湿剤を毎日塗ることで湿疹は予防できますか?


アトピー性疾患の家族歴がある新生児に、スキンケア指導に加えて1歳になるまで保湿剤を毎日使用しても、スキンケア指導のみと比べ2歳時の湿疹は同等で、皮膚感染症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020MAY 21
アレルギー

小児の重症アトピー性皮膚炎に抗IgE抗体は効果がありますか?


治療抵抗性の重症アトピー性皮膚炎の小児にオマリズマブを投与すると、プラセボと比べ重症度の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020MAY 18
COPD

β遮断薬で慢性閉塞性肺疾患(COPD)の悪化は予防できますか?


慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者にメトプロロールを投与すると、プラセボと比べ増悪までの期間は同等であり、COPD増悪による入院が多く、総死亡が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020APR 20
糖尿病

腎臓の機能によって糖尿病治療の効果に違いはありますか?


心血管リスクが高い2型糖尿病患者にHbA1c 6.5%以下を目標とした集中的血糖コントロールを行うと、標準的血糖コントロールと比べeGFR 60~89 mL/分/1.73m2の患者では血管イベントが少なく、eGFR 90mL/分/1.73m2以上の患者およびeGFR 60 mL/分/1.73m2未満の患者では血管イベントが少ない傾向にあるが、腎機能によらず重症低血糖が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020APR 02
冠動脈疾患

急性冠動脈症候群が疑われる場合、高感度トロポニン測定は受診から1時間後でも大丈夫ですか?


急性冠症候群が疑われる患者に、低閾値の高感度トロポニンを受診時と1時間後に測定するプロトコルを使用すると、高閾値の高感度トロポニンを受診時と3時間後に測定する標準的プロトコルと比べて、30日以内の総死亡、および心筋梗塞はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020MAR 30
その他

外傷性脳損傷にトラネキサム酸は効果がありますか?


受傷3時間以内の外傷性脳損傷の患者にトラネキサム酸を投与しても、プラセボの投与と比べ頭部外傷関連死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020MAR 26
認知症

認知症の攻撃性や興奮状態には、どんな治療がよいですか?


攻撃性や興奮がある認知症患者に、多職種による集学的ケア、マッサージとタッチセラピー、音楽療法に加えマッサージとタッチセラピーを行うと、通常のケアと比べ攻撃性や興奮状態の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020MAR 12
痛み

変形性股関節症や変形性膝関節症に新しい注射薬は効果がありますか?


変形性股関節症または変形性膝関節症の患者にタネズマブを投与すると、プラセボと比べ疼痛、身体機能、患者による全般的評価の改善が大きいが、関節全置換術が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020MAR 02
糖尿病

新しい糖尿病の薬(SGLT2阻害薬)で心臓病や脳卒中は予防できますか?


2型糖尿病患者にSGLT2阻害薬を投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020FEB 20
その他

80歳以上の高齢者の潜在性甲状腺機能低下症に甲状腺ホルモンは効果がありますか?


潜在性甲状腺機能低下症がある80歳以上の高齢者にレボチロキシンを投与しても、プラセボと比べ甲状腺機能低下症状、倦怠感は同等である

さらに詳しく