Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020OCT 22
がん検診

CTによる肺がん検診は効果がありますか?


低線量CTによる肺がん検診を行うと、通常のケアまたは胸部X線による肺がん検診と比べ肺がんによる死亡が少ないが、総死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020APR 20
糖尿病

腎臓の機能によって糖尿病治療の効果に違いはありますか?


心血管リスクが高い2型糖尿病患者にHbA1c 6.5%以下を目標とした集中的血糖コントロールを行うと、標準的血糖コントロールと比べeGFR 60~89 mL/分/1.73m2の患者では血管イベントが少なく、eGFR 90mL/分/1.73m2以上の患者およびeGFR 60 mL/分/1.73m2未満の患者では血管イベントが少ない傾向にあるが、腎機能によらず重症低血糖が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020APR 02
冠動脈疾患

急性冠動脈症候群が疑われる場合、高感度トロポニン測定は受診から1時間後でも大丈夫ですか?


急性冠症候群が疑われる患者に、低閾値の高感度トロポニンを受診時と1時間後に測定するプロトコルを使用すると、高閾値の高感度トロポニンを受診時と3時間後に測定する標準的プロトコルと比べて、30日以内の総死亡、および心筋梗塞はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019AUG 22
冠動脈疾患

アスピリンの心臓病や脳卒中の予防効果は、体重によって違いがありますか?


低用量のアスピリンを投与すると、投与しない場合に比べて、体重70kg未満の患者では心血管イベントが少ないが、体重70kg以上の患者では同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUL 11
痛み

慢性腰痛に抗うつ薬は効果がありますか?


非特異的慢性腰痛の患者に低用量のアミトリプチリンを投与すると、メシル酸ベンズトロピンの投与と比べ6ヵ月後の疼痛の改善が大きい傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019JUN 27
がん検診

コンピュータ断層撮影(CT)検査で肺がん検診を受けると、長生きできますか?


CT検査による肺がん検診を毎年受けると、通常ケアと比較して肺がん死亡は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019FEB 25
冠動脈疾患

心筋梗塞では酸素を投与したほうがよいですか?


低酸素血症がない急性心筋梗塞患者に酸素を投与しても、酸素なしと比べ総死亡、心不全、不整脈は同等で、冠動脈イベントの再発が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2019FEB 04
その他

早産児の死亡と気管支肺異形成症を予防するには、どのような呼吸管理方法がよいですか?


在胎週数が33週未満の早産児に生後24時間以内に低侵襲性的界面活性剤投与(LISA)を実施すると、ほかの呼吸管理法と比較して死亡および気管支肺異形成症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2019JAN 28
糖尿病

低血糖を起こしにくいインスリン製剤はありますか?新しいインスリン製剤を使うと、従来のインスリン製剤より低血糖は少なくなりますか?


2型糖尿病患者にインスリンデグルデクを投与すると、インスリングラルギンU100と比べ症候性低血糖が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2018DEC 24
冠動脈疾患

心臓の血管の病気の疑いがある人は、CT検査よりも造影検査を受けたほうがよいですか?


冠動脈疾患の疑いのある非定型狭心症もしくは胸部痛のある患者がCT検査を受けると、冠動脈造影検査を受ける場合と比ベて検査後合併症の発症は同等であり、その後の心血管イベントの発症も同等である

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2018NOV 29
その他

子供の便秘にはどんな薬がよいですか?


機能性便秘症の子供にポリエチレングリコールを投与すると、プラセボもしくは他の下剤と比較して週あたりの排便回数が多く、また高用量のほうが低用量と比べて排便回数は多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018OCT 11
痛み

陣痛に、バランスボール運動、マッサージ、温水シャワーは効果がありますか?


低リスク妊娠の分娩で入院した女性に、子宮口開大の程度に合わせてバランスボール運動、腰仙骨部マッサージ、温水シャワーを実施すると、通常のケアと比べ痛みの改善が大きい

さらに詳しく