Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 18
感染症

ブロムヘキシンは新型コロナウイルス感染症による肺炎に効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症による肺炎患者に、ブロムヘキシンを投与すると、総死亡、集中治療室への入室、気管内挿管・人工呼吸が少ない

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

医療従事者のウイルス感染の予防には、N95マスクではなく、医療用マスクでもよいですか?


医療従事者が医療用マスクを使用すると、N95マスクの使用と比べウイルス性呼吸器感染症は同等である

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

新型コロナウイルス感染症にはどんな治療薬がよいですか?


新型コロナウイルス感染症の患者にステロイドを投与すると、標準治療と比べ総死亡、人工呼吸器装着が少なく、ヒドロキシクロロキン、レムデシビル、あるいはロピナビル-リトナビルを投与すると症状軽快までの期間が短いが、ヒドロキシクロロキンを投与すると有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 08
感染症

新型コロナウイルス感染症にトシリズマブは効果がありますか?


人工呼吸管理を受けていない新型コロナウイルス感染症の入院患者に、標準治療に加えてトシリズマブを投与すると、プラセボと比べ28日以内の人工呼吸管理または死亡が少ないが、死亡が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020SEP 24
感染症

呼吸器ウイルス感染症はマスクで予防できますか?


マスクを使用すると、マスクなしと比べ呼吸器ウイルス感染症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019DEC 12
サプリメント

ビタミンDサプリメントで呼吸器感染症は予防できますか?


0~95歳の人にビタミンDを投与すると、プラセボに比べて急性呼吸器感染症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019OCT 31
その他

睡眠時無呼吸による眠気を改善する薬はありますか?


過度の眠気がある閉塞性睡眠時無呼吸の患者に、ソルリアムフェトルを投与すると、プラセボと比べ睡眠潜時の延長が大きく、日中の眠気の改善度が大きい

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2019FEB 04
その他

早産児の死亡と気管支肺異形成症を予防するには、どのような呼吸管理方法がよいですか?


在胎週数が33週未満の早産児に生後24時間以内に低侵襲性的界面活性剤投与(LISA)を実施すると、ほかの呼吸管理法と比較して死亡および気管支肺異形成症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018NOV 26
がん

がんの胸水に薬物の注入は効果がありますか?


胸腔ドレーン挿入後も有意な胸水が残存する悪性胸水の患者にウロキナーゼを胸腔内注入後に胸膜癒着術を実施すると、プラセボ注入後の胸膜癒着術実施と比べ呼吸困難と胸膜癒着術の失敗は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018SEP 20
その他

早産したことがある人は、プロゲステロン膣ペッサリーで新生児の呼吸機能不全を予防できますか?


早産の既往がある妊婦がプロゲステロン膣ペッサリーを使用しても、プラセボペッサリーと比べ新生児呼吸窮迫症候群の発症、新生児呼吸器疾患の重症度は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 12
サプリメント

心不全患者はビタミンDを摂取すると長生きできますか?


心不全患者にビタミンDを投与すると、プラセボと比べ総死亡は同等であるが、補助人工心臓の植込みが多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017OCT 02
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の悪化後にマスクを用いた人工呼吸器を使うと、再入院や死亡は予防できますか? 


非侵襲的陽圧換気を要する慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪後で高二酸化炭素血症が残存する患者に在宅酸素療法に加え非侵襲的陽圧換気を行うと、在宅酸素療法のみと比べ再入院または死亡までの期間が長い

さらに詳しく