Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020FEB 27
副作用

心臓のカテーテル治療後は、新しい血栓の予防薬のみのほうが、 アスピリンとの併用よりも出血が少ないですか?


経皮的冠動脈形成術(PCI)後にチカグレロルとアスピリンを3ヵ月投与された患者にチカグレロルのみを投与すると、チカグレロルとアスピリンの併用と比べ出血イベントが少なく、虚血性イベントは同等である

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020FEB 24
痛み

腰部脊柱管狭窄症に手術は効果がありますか?


腰部神経根症の患者に手術を行うと、非手術的治療と比べ6~26週後の機能障害が小さいが、2年後の機能障害は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020FEB 20
その他

80歳以上の高齢者の潜在性甲状腺機能低下症に甲状腺ホルモンは効果がありますか?


潜在性甲状腺機能低下症がある80歳以上の高齢者にレボチロキシンを投与しても、プラセボと比べ甲状腺機能低下症状、倦怠感は同等である

さらに詳しく
準ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020FEB 10
がん

BCGワクチンにがんの予防効果はありますか?


結核感染の既往がない小児にBCGワクチンを接種すると、プラセボと比べがんの診断が少ない傾向にあり、肺がんの診断が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020FEB 03
痛み

群発頭痛の予防にガルカネズマブは効果がありますか?


反復性群発頭痛の患者にガルカネズマブを投与すると、プラセボと比べ群発頭痛の発作頻度が減少する

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020JAN 30
冠動脈疾患

新しい脂質異常症の注射薬で、心臓病や脳卒中は予防できますか?


脂質異常症の患者または心血管疾患の既往がある患者にPCSK9阻害薬(アリロクマブまたはエボロクマブ)を投与すると、プラセボまたは他の脂質低下薬と比べ、心血管死亡はほぼ同等で、総死亡は少ない傾向にあり、心筋梗塞、脳卒中が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JAN 27
その他

手術後のせん妄は、鎮痛薬で予防できますか?


心臓手術を受ける患者にアセトアミノフェンを静脈注射すると、プラセボと比べ術後せん妄が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2020JAN 23
その他

潰瘍性大腸炎の寛解維持にメトトレキサートは効果がありますか?


メトトメトトレキサートとステロイドによる導入期治療に反応した活動性の潰瘍性大腸炎の患者にメトトレキサートの皮下注射を行っても、プラセボと比べ寛解維持は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JAN 20
その他

転倒歴がある高齢者に在宅運動プログラムを行うと、転倒の再発は予防できますか?


転倒歴がある高齢者に在宅運動プログラムを実施すると、通常のケアと比べ転倒が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2020JAN 16
その他

解熱薬で熱性けいれんの再発は予防できますか?


熱性けいれんで受診した患者にアセトアミノフェンを投与すると、解熱薬使用なしと比べ同一発熱エピソード中の熱性けいれん再発が少ない

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020JAN 09
がん

肺がんは、抗がん剤治療と免疫チェックポイント阻害薬を併用したほうが効果がありますか?


進行非小細胞肺がん患者に化学療法に加えて免疫チェックポイント阻害薬を投与すると、化学療法のみと比べ全生存期間、無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019DEC 26
痛み

慢性の痛みに、感情に焦点を当てた曝露療法は効果がありますか?


感情の問題を合併した慢性疼痛の患者に診断横断的な感情※に焦点を当てた曝露療法を行うと、インターネットを利用した認知行動療法と比べうつ症状、疼痛による影響の改善が大きく、不安症状、破局的思考の改善が大きい傾向にあり、疼痛の強さは改善が小さい傾向にある ※痛みや感情の問題を維持し悪化させる心理的なメカニズム

さらに詳しく