Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019APR 22
脳卒中

軽症の脳梗塞や一過性脳虚血発作では、2種類の抗血小板薬を併用したほうが脳卒中の 再発は予防できますか?


軽症の急性脳梗塞または高リスクの一過性脳虚血発作の患者にクロピドグレルとアスピリンを投与すると、アスピリンのみの投与と比べ虚血性血管イベントが少ないが、重大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019FEB 28
うつ病

ホルモン補充療法で更年期のうつ症状は予防できますか?


うつ症状のない更年期女性に経皮エストラジオールと間欠的なプロゲステロンの投与を行うと、プラセボと比べ、うつ症状の発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019FEB 21
その他

ペッサリーで早産は予防できますか?


早産の既往がなく、頸管長短縮がある無症候性の単胎妊娠の女性が子宮頸部ペッサリーを使用すると、ペッサリーなしと比べ妊娠34週未満の自然早産が少ないが、膣帯下は多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019FEB 14
その他

薬剤師による多面的な介入で再入院は予防できますか?


ポリファーマシーのある入院患者に、薬剤師が薬剤レビュー、患者への面接、退院後の多職種へのフォローアップからなる多面的な介入を行うと、通常のケアと比べ再入院と救急外来受診が少ない

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2019FEB 04
その他

早産児の死亡と気管支肺異形成症を予防するには、どのような呼吸管理方法がよいですか?


在胎週数が33週未満の早産児に生後24時間以内に低侵襲性的界面活性剤投与(LISA)を実施すると、ほかの呼吸管理法と比較して死亡および気管支肺異形成症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2019JAN 24
その他

高齢者の転倒予防には、どんな方法がよいですか?


高齢者に運動、運動+視力の評価と治療、運動+視力の評価と治療+環境の評価と調整、診療所レベルの質の改善活動+多因子評価と治療+カルシウム+ビタミンDの投与を行うと、傷害を伴う転倒が少ない。また、診療所及び患者レベルの質の改善活動+多因子評価と治療を行っても、転倒関連の入院は同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019JAN 14
高血圧

もともとの血圧の高さによって、血圧を下げる薬の治療効果に差はありますか?


降圧治療を行うと、一次予防で治療開始前の収縮期血圧が140mmHg以上の人では総死亡、心血管イベントが少ないが、収縮期血圧140mmHg未満の人では同等であり、冠動脈疾患の既往がある人では総死亡は同等で、心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019JAN 10
感染症

抗菌薬による下痢の再発予防の糞便移植は、経口カプセルでもよいですか?


再発性クロストリジウム・ディフィシル感染症の患者に経口カプセルによる糞便移植を行うと、下部消化管内視鏡による糞便移植と比べクロストリジウム・ディフィシル感染症の再発は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018DEC 27
予防接種

予防接種の前に水を飲むと、予防接種後のめまいやふらつきは予防できますか?


予防接種前に飲水を推奨しても、通常のケアと比べ接種後の失神の前兆は同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018DEC 03
骨粗しょう症

カルシウムやビタミンDで、骨粗しょう症の骨折は予防できますかカルシウムやビタミンDで、骨粗しょう症の骨折は予防できますか?


50歳以上の地域住民にカルシウムまたはビタミンDを投与すると、プラセボまたは投与なしと比べ大腿骨頸部骨折が多い傾向にあり、カルシウムとビタミンDを投与すると、同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2018OCT 29
その他

高齢者の転倒予防には、どんな方法がよいですか?


高齢者に多因子介入を行うと転倒が少ないが、傷害を伴う転倒人数は同等であり、運動を行うと転倒人数と傷害を伴う転倒が少なく、ビタミンDの投与では転倒、転倒人数は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018OCT 18
糖尿病

新しい糖尿病の薬、カナグリフロジンで、心不全は予防できますか?


心血管リスクの高い2型糖尿病患者にカナグリフロジンを投与すると、プラセボと比べ心血管死亡、心不全による入院が少ない

さらに詳しく