Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019OCT 14
高血圧

血圧をしっかり下げたほうが認知症になりにくいですか?


糖尿病の病歴および脳卒中の既往のない高血圧患者に対して、収縮期血圧で120mmHg未満を目指す厳格な血圧コントロールを行うと、収縮期血圧で140mmHg未満を目指す標準的な血圧コントロールと比べて、認知症疑いの発症は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019OCT 07
その他

理学療法は多めに受けたほうが良いですか?


急性・亜急性期の患者に追加の理学療法を行うと、入院期間が短縮し、自立度やQOLが改善する

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019OCT 03
その他

せん妄の治療や予防にはどの薬がよいですか?


せん妄患者にハロペリドールとロラゼパムの併用、もしくはハロペリドールを投与するとプラセボまたは対照群と比べ治療への反応が多く、せん妄のリスクがある患者にラメルテオン、オランザピン、リスペリドンまたはデクスメトミジンを投与するとせん妄の発症が少ないが、ミダゾラムを投与するとせん妄の発症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019SEP 30
感染症

骨や関節の感染症では、飲み薬の抗菌薬でもよいですか?


骨または関節の感染症の患者に手術または抗菌薬開始後7日以内に経口抗菌薬に変更、6週間の治療を行うと、静注抗菌薬6週間の治療と比べ治療の失敗は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019SEP 19
心疾患

心不全で入院した患者の退院時に、移行期ケアは効果がありますか?


心不全で入院した患者の退院時に、セルフケア教育、退院サマリーの作成、1週以内の家庭医によるフォローアップ、高リスク患者に対する看護師訪問と心不全外来受診などの移行期ケアを行っても、通常のケアと比べ、3ヵ月以内の再入院、救急外来受診または死亡は、通常のケアと比較してほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019SEP 16
心疾患

手術のリスクが低い大動脈弁狭窄症の患者では、カテーテル治療と手術のどちらがよいですか?


手術のリスクが低い重症大動脈弁狭窄症の患者に経カテーテル的大動脈弁置換術を行うと、手術による大動脈弁置換術と比べ1年後の総死亡、脳卒中または再入院が少ない

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019SEP 12
脳卒中

脳梗塞や一過性脳虚血性発作では、2種類の血栓を予防する薬をどのくらいの期間飲んだらよいですか?


急性期脳梗塞または一過性脳虚血発作の患者にアスピリンとクロピドグレルを投与すると、アスピリンのみと比べ脳梗塞再発は3ヵ月以下の投与期間では少なく、3ヵ月を超える投与期間では少ない傾向にある。また、重大出血は1ヵ月以下の投与期間では多い傾向にあるが、1ヵ月を超える投与期間では多く、3ヵ月を超える投与期間で総死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019SEP 09
その他

鼻出血にトラネキサム酸の噴霧は効果がありますか?


鼻出血の患者にトラネキサム酸の噴霧後に鼻圧迫を行うと、生理食塩水噴霧後の鼻圧迫と比べ15分後の止血が多く、鼻腔パッキングとの比較では同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019SEP 05
冠動脈疾患

川崎病に免疫を抑える薬は効果がありますか?


免疫グロブリンに反応しないと予測される川崎病患者に、免疫グロブリンに加えてシクロスポリンを投与すると、免疫グロブリンのみと比べ冠動脈病変合併症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019SEP 02
脳卒中

卵円孔開存がある原因不明の脳卒中では、手術をしたほうがよいですか?


卵円孔開存がある原因不明の脳卒中患者に、抗血小板療法に加えて卵円孔閉鎖術を行うと、脳梗塞は抗血小板療法のみと比べて少なく、また、抗凝固療法のみと比べて少ない傾向にあるが、薬物療法と比べて、持続性心房細動とデバイス関連有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019AUG 26
その他

パーキンソン病では、早期から薬を服用したほうがよいですか?


初期のパーキンソン病の患者に、レボドパ-カルビドパ合剤を早期から投与しても、40週遅れて投与を開始しても、80週後のパーキンソン病症状スコアの変化は同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019AUG 22
冠動脈疾患

アスピリンの心臓病や脳卒中の予防効果は、体重によって違いがありますか?


低用量のアスピリンを投与すると、投与しない場合に比べて、体重70kg未満の患者では心血管イベントが少ないが、体重70kg以上の患者では同等である

さらに詳しく