Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019JUN 03
感染症

1度のみ服用する新しいインフルエンザの飲み薬は、早く良くなりますか?


インフルエンザの患者にバロキサビルを投与すると、プラセボと比べ症状軽快までの時間が短く、オセルタミビルと比べ同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019JAN 17
喘息

喘息の長期管理と発作時の治療に同じ吸入薬を使う治療法は、長期管理薬と発作治療薬を使い分ける従来治療よりも効果がありますか?


持続型喘息の患者に吸入ステロイド+長時間作用型β刺激薬(LABA)を長期管理薬と発作治療薬の両方に使用するSMART療法を行うと、吸入ステロイド+LABA合剤を長期管理薬、短時間作用型β刺激薬を発作治療薬として使用する従来治療と比べ喘息の増悪が少ない

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2018DEC 10
その他

赤ちゃんの夜泣きに乳酸菌は効果がありますか?


乳児疝痛の乳児に乳酸菌を投与すると、プラセボに比べて啼泣やぐずりの持続時間は短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018AUG 27
冠動脈疾患

安定狭心症に心臓カテーテル治療は効果がありますか?


高度冠動脈狭窄のある安定狭心症の患者に経皮的冠動脈形成術(PCI)を実施すると、プラセボの処置と比べ運動継続可能時間が長い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018FEB 15
認知症

認知機能に障害がある人に対して高照度光療法は効果がありますか?


軽度認知機能障害または認知症を有する人に高照度光療法を行うと、行動障害が少なく、夜間の睡眠時間が長く、うつ症状が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017DEC 28
感染症

喉の痛みにステロイドは効果がありますか?


咽頭痛に対してステロイド全身投与を行うと、プラセボに比べて24~48時間後の痛みの消失や改善度が大きく、痛みの改善開始・消失までの時間が早い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017MAY 29
喘息

小児喘息の発作には、長時間作用型ステロイドの1回投与でいいですか?


救急診療部を受診した小児喘息急性増悪患者に、長時間作用型のステロイド1回投与でも、短時間作用型のステロイド3日投与に比べて、症状の重症度はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016SEP 08
感染症

肺炎にはステロイドを使ったほうがよいのでしょうか?


市中肺炎で入院した成人患者にステロイドの全身投与を行うと、総死亡とICU入室が少ない傾向にあり、人工呼吸器の使用、ARDSの発症が少なく、臨床的安定化までの時間が短いが、高血糖が多い

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016JUN 23
その他

不眠症に認知行動療法は効果がありますか?


不眠症患者に認知行動療法を行うと、入眠までの時間や中途覚醒時間は短く、また睡眠効率は高く、総睡眠時間は長い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016FEB 04
その他

乳児疝痛にプロバイオティクスは効果がありますか?


疝痛のある乳児に乳酸菌(ラクトバチルス・ロイテリ菌)を投与すると、泣いている時間が短い

さらに詳しく
メタ分析 2015年発表
2016JAN 04
感染症

成人のインフルエンザは、抗インフルエンザ薬を使ったほうがよいのでしょうか?


成人のインフルエンザにオセルタミビルを投与すると、症状軽快までの時間が短い

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2014NOV 10
感染症

抗インフルエンザ薬ザナミビルは、小児のインフルエンザの症状を改善できますか?


ザナミビルを投与すると、インフルエンザの症状緩和までの時間は、1日ほど短い傾向にあり、肺炎は少ない傾向にある

さらに詳しく