Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020MAY 11
その他

消化不良にはどんな治療方針がよいですか?


未精査の消化不良の患者にピロリ菌検査と陽性患者の除菌、あるいはすみやかな内視鏡検査を行うと、症状に基づいた治療と比べ症状残存は同等である。

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020APR 06
感染症

インフルエンザの症状がある患者にインフルエンザの薬を使うと回復が早くなりますか?


インフルエンザ様疾患の患者に通常のケアに加えてオセルタミビルを投与すると、通常のケアのみと比べ回復までの期間が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020FEB 20
その他

80歳以上の高齢者の潜在性甲状腺機能低下症に甲状腺ホルモンは効果がありますか?


潜在性甲状腺機能低下症がある80歳以上の高齢者にレボチロキシンを投与しても、プラセボと比べ甲状腺機能低下症状、倦怠感は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019DEC 26
痛み

慢性の痛みに、感情に焦点を当てた曝露療法は効果がありますか?


感情の問題を合併した慢性疼痛の患者に診断横断的な感情※に焦点を当てた曝露療法を行うと、インターネットを利用した認知行動療法と比べうつ症状、疼痛による影響の改善が大きく、不安症状、破局的思考の改善が大きい傾向にあり、疼痛の強さは改善が小さい傾向にある ※痛みや感情の問題を維持し悪化させる心理的なメカニズム

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019OCT 24
がん検診

内視鏡検査による大腸がん検診を受けると、がん死亡は減りますか?


S字結腸内視鏡検査による大腸がんスクリーニングで発見された大腸がんも、症状で発見された大腸がんも、大腸がん死亡、全死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019AUG 26
その他

パーキンソン病では、早期から薬を服用したほうがよいですか?


初期のパーキンソン病の患者に、レボドパ-カルビドパ合剤を早期から投与しても、40週遅れて投与を開始しても、80週後のパーキンソン病症状スコアの変化は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019AUG 12
痛み

子どもの採血で、ビデオゲーム、アニメ鑑賞、親の声がけで不安や痛みは少なくなりますか?


静脈穿刺を受ける小児にビデオゲーム、アニメ鑑賞、親の声かけで気を紛らわす介入を行うと、介入なしと比べ不安と疼痛が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUL 29
喘息

2種類の吸入薬で安定している喘息患者の治療薬を減らす場合、どんな方法がよいですか?


ステロイドと長時間作用型気管支拡張薬の吸入で症状が安定している喘息患者では、長時間作用型気管支拡張薬を中止しても、ステロイドの量を減量しても、治療の失敗はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUL 08
痛み

慢性前立腺炎、慢性骨盤痛症候群には、鍼治療が有効ですか?


慢性前立腺炎、慢性骨盤痛症候群の患者に鍼治療を行うと、偽の鍼治療と比べて8週後の症状スコアが改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019JUN 03
感染症

1度のみ服用する新しいインフルエンザの飲み薬は、早く良くなりますか?


インフルエンザの患者にバロキサビルを投与すると、プラセボと比べ症状軽快までの時間が短く、オセルタミビルと比べ同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019APR 25
痛み

手術の不安や痛みに音楽は効果がありますか?


手術を受ける患者に音楽を提供すると、対照群と比べ不安と疼痛が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019APR 08
その他

閉経後の膣の痒みや痛みにエストロゲン膣錠や膣保湿剤は効果がありますか?


陰部や膣に中等度から重度の掻痒感や疼痛、刺激感、乾燥症状のある閉経後女性に、エストラジオール膣錠または膣保湿剤を投与しても、プラセボと比べ最もわずらわしい症状の重症度改善は同等である

さらに詳しく