Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019APR 22
脳卒中

軽症の脳梗塞や一過性脳虚血発作では、2種類の抗血小板薬を併用したほうが脳卒中の 再発は予防できますか?


軽症の急性脳梗塞または高リスクの一過性脳虚血発作の患者にクロピドグレルとアスピリンを投与すると、アスピリンのみの投与と比べ虚血性血管イベントが少ないが、重大出血が多い

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019FEB 25
冠動脈疾患

心筋梗塞では酸素を投与したほうがよいですか?


低酸素血症がない急性心筋梗塞患者に酸素を投与しても、酸素なしと比べ総死亡、心不全、不整脈は同等で、冠動脈イベントの再発が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018DEC 20
脳卒中

脳梗塞の血栓を溶かす薬は、どの薬がよいですか?


発症4.5時間以内の脳梗塞患者に、テネクテプラーゼを投与すると、アルテプラーゼの投与と比べ血流再開が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018AUG 06
脳卒中

脳梗塞の血管内治療は発症後6時間以降でも効果がありますか?


発症後6~16時間の画像検査で回復可能な脳虚血組織がある近位中大脳動脈または内頸動脈閉塞による脳梗塞の患者に血管内治療(血栓除去)を行うと、90日後の機能障害が小さいが、血腫形成が多い傾向にある。

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 19
脳卒中

抗血小板薬を3剤併用したほうが脳卒中の再発は予防できますか?


急性期の脳梗塞または一過性脳虚血発作(TIA)の患者にアスピリン、クロピドグレル、ジピリダモールによる抗血小板薬3剤併用療法を行うと、クロピドグレルのみ、またはアスピリンとジピリダモールによるガイドラインに準拠した抗血小板療法と比べ90日後の脳卒中またはTIAは同等で、出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 09
脳卒中

急性期の脳卒中に酸素は効果がありますか?


低酸素血症がない急性期の脳卒中患者に低流量酸素を投与すると、酸素投与なしと比べ90日後の機能障害は同等であり、継続的な酸素投与と夜間のみの酸素投与を比べても同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018APR 09
糖尿病

新しい糖尿病の薬、カナグリフロジンは、心臓病や脳卒中の有無で効果に差がありますか?


心血管リスクの高い2型糖尿病患者にカナグリフロジンを投与すると、心血管疾患の既往がある患者ではプラセボと比べ心血管イベントが少ないが、下肢切断が多い。また、心血管疾患の既往がない患者では心血管イベントはほぼ同等で、下肢切断は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 05
糖尿病

糖尿病の足の潰瘍に高圧酸素療法は効果がありますか?


下肢虚血がある糖尿病下肢潰瘍の患者に高圧酸素療法を行うと、標準的ケアと比べ下肢の温存が多い傾向にあり、潰瘍の治癒と治癒までの期間は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018JAN 22
心疾患

心筋梗塞では酸素を吸入したほうがよいですか?


低酸素血症がない急性心筋梗塞が疑われる患者に酸素を投与すると、空気と比べて1年後の総死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 1984年発表
CMEC Article
2017NOV 20
脂質異常症

高コレステロール血症を薬で治療すると心筋梗塞は予防できますか?


高コレステロール血症の中年男性にコレスチラミンを投与すると心筋梗塞が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017OCT 02
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の悪化後にマスクを用いた人工呼吸器を使うと、再入院や死亡は予防できますか? 


非侵襲的陽圧換気を要する慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪後で高二酸化炭素血症が残存する患者に在宅酸素療法に加え非侵襲的陽圧換気を行うと、在宅酸素療法のみと比べ再入院または死亡までの期間が長い

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
2017FEB 06
副作用

アスピリンに重篤な副作用はありますか?


アスピリンを投与すると、重篤な消化管出血、頭蓋外出血が多く、脳出血は多い傾向にある

さらに詳しく