Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 30
心疾患

ナトリウム利尿ペプチドを指標に心不全の治療をすると、心不全による入院や心臓病による死亡は減少しますか?


左室駆出率の低下した高リスクの心不全患者にNT-proBNPを指標とした心不全治療を行うと、通常のケアと比べ心不全による入院、心血管死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 26
冠動脈疾患

造影剤の合併症は、炭酸水素ナトリウムやアセチルシステインで予防できますか?


血管造影を予定している腎合併症のリスクが高い患者において、死亡、透析の必要性、持続的な腎機能障害は、炭酸水素ナトリウムを投与しても、生理食塩水の投与と同等であり、またアセチルシステインを投与してもプラセボの投与と同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018APR 09
糖尿病

新しい糖尿病の薬、カナグリフロジンは、心臓病や脳卒中の有無で効果に差がありますか?


心血管リスクの高い2型糖尿病患者にカナグリフロジンを投与すると、心血管疾患の既往がある患者ではプラセボと比べ心血管イベントが少ないが、下肢切断が多い。また、心血管疾患の既往がない患者では心血管イベントはほぼ同等で、下肢切断は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAR 29
高血圧

腎臓病がない心臓病や脳卒中のリスクが高い人は、血圧をできるだけ下げたほうがよいですか?


心血管リスクが高く、慢性腎臓病がない高血圧患者に収縮期血圧140mmHg未満を目標とした集中的降圧療法を行うと、収縮期血圧120mmHg未満を目標とした標準的降圧療法と比べ、心血管イベントは少ないが慢性腎臓病の発症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2017OCT 26
糖尿病

新しい糖尿病の薬(SGLT-2阻害薬)で心臓病や脳卒中を予防できますか?


心血管疾患のリスクが高い2型糖尿病患者にSGLT2阻害薬を投与すると、心血管イベントは少ないが、足の切断と骨折が多い

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017AUG 14
うつ病

青少年の大うつ病にはどの抗うつ薬が効きますか?


フルオキセチンのみがプラセボより効果が高く、デュロキセチンやイミプラミンより忍容性が高いが、ベンラファキシンはプラセボや他剤に比べて自殺のリスクが高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 20
糖尿病

週1回の新しい糖尿病注射薬(GLP-1受容体作動薬)は心臓病や脳卒中を予防できますか?


心血管リスクが高い2型糖尿病患者にセマグルチドを投与すると、プラセボの投与と比較して心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中が少ないが、網膜症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 06
認知症

動脈硬化予防の生活指導や治療で認知症は予防できますか?


高齢者に看護師による心血管リスクの評価、生活指導、薬物療法からなる介入を実施しても、通常のケアと比較して認知症の発症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017FEB 23
高血圧

心血管疾患がなく、リスクが中等度の人は薬で血圧を下げたほうがよいですか?


心血管疾患がなくリスクが中等度であれば、降圧薬を投与しても心血管イベントは同等である

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2016DEC 26
その他

出血性潰瘍患者の内視鏡治療後における薬剤投与は、間欠的でも問題ないでしょうか?


出血リスクの高い消化性潰瘍患者における内視鏡治療後の再出血は、プロトンポンプ阻害薬を間欠的に投与しても、継続投与と同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2016OCT 24
糖尿病

SGLT2阻害薬は糖尿病患者の心不全に効果がありますか?


心血管リスクが高い2型糖尿病患者にエンパグリフロジンを投与すると、心不全による入院または心血管死亡、心不全による入院または心不全死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016SEP 15
認知症

ω3系多価不飽和脂肪酸サプリメントで認知症は予防できますか?


後期加齢黄斑変性の進行リスクが高い高齢者にω3系多価不飽和脂肪酸サプリメントを投与しても、認知機能変化はほぼ同等である

さらに詳しく