Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019MAR 07
がん

がんの胸水の治療で、留置カテーテルと胸膜癒着術のどちらが入院日数は短くなりますか?


悪性胸水の患者に留置胸腔カテーテルによる治療を行うと、タルクによる胸膜癒着術と比べ入院日数が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAR 04
心疾患

心房細動と心不全がある人にカテーテルアブレーションは効果がありますか?


心房細動と心不全がある患者にカテーテルアブレーションを行うと、薬物療法と比べ、総死亡及び心不全悪化による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018AUG 27
冠動脈疾患

安定狭心症に心臓カテーテル治療は効果がありますか?


高度冠動脈狭窄のある安定狭心症の患者に経皮的冠動脈形成術(PCI)を実施すると、プラセボの処置と比べ運動継続可能時間が長い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018AUG 13
冠動脈疾患

ショック状態の心筋梗塞の患者では、原因の血管以外の心臓の血管にもすぐに カテーテル治療をしたほうがよいですか?


冠動脈多枝病変のある心原性ショックを伴う急性心筋梗塞の患者に、責任病変のみの経皮的冠動脈形成術(PCI)実施後に段階的に非責任病変の血行再建を行うと、即座に多枝病変のPCI実施と比べ30日後の総死亡、透析を要する重症腎不全が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JAN 15
心疾患

非ST上昇型急性冠症候群ではすぐに心臓カテーテル検査をしたほうがよいですか?


非ST上昇型急性冠症候群患者に対して、早期侵襲治療を行うと、待期的侵襲治療と比べ総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016AUG 08
感染症

クロルヘキシジンはポビドンヨードよりもカテーテル感染を予防できますか?


皮膚消毒にクロルヘキシジンを使うと、ポビドンヨードよりもカテーテル関連感染症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015MAY 07
副作用

冠動脈バイパス手術で死亡や心筋梗塞を予防できますか?


多枝冠動脈疾患に冠動脈バイパス手術を施行すると、カテーテル治療と比べて死亡や心筋梗塞は少ないが脳卒中は多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2015JAN 12
心疾患

大動脈弁狭窄症では、手術とカテーテル治療のどちらがよいのでしょうか?


重症大動脈弁狭窄症患者にカテーテルによる大動脈弁置換術を行うと、外科的大動脈弁置換術と比較して1年後の総死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2014JUN 12
冠動脈疾患

冠動脈の狭窄には、予防的にカテーテル治療したほうがよいですか?


多枝病変のあるST上昇型急性心筋梗塞患者に、梗塞病変に加えて狭窄部にも予防的に経皮的冠動脈形成術を行うと、心血管死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2013AUG 08
冠動脈疾患

急性心筋梗塞ですぐにカテーテル治療が出来なければ、血栓溶解療法でもよいでしょうか?


心筋梗塞に血栓溶解療法を行うと、プライマリPCIに比べて、総死亡・ショック・心不全・再梗塞は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
CMEC Article
2013JAN 24
その他

悪性胸水患者の呼吸困難を改善するには、どんな方法がよいですか?


悪性胸水患者に対する胸腔内カテーテル留置は、胸膜癒着術に比べて、呼吸困難症状はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2012NOV 15
心疾患

カテーテルを使って治療すると、発作性心房細動の再発は防げますか?


抗不整脈薬に反応しない発作性心房細動の患者にカテーテルアブレーションを行うと、抗不整脈薬による治療と比較して治療の失敗が少ない

さらに詳しく