Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析 2016年発表
CMEC Article
2018OCT 04
喘息

喘息の治療中に症状が悪化したら、ステロイドの吸入薬の量を順次増やしたほうがよいのでしょうか?


症状の増悪した小児および成人慢性喘息患者にステロイド吸入薬を漸増投与すると、定用量投与と比べて治療失敗によるステロイド薬の経口投与の割合は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2018SEP 27
冠動脈疾患

心臓の血管が詰まってしまった場合、どんな手術を受けるとよいのでしょうか?


左心主冠動脈疾患を有する患者に対して経皮的冠動脈形成術を施すと、冠動脈バイパス術を施した場合に比べて、主要な心脳血管疾患の発症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2018SEP 24
がん

進行した腎がんに免疫チェックポイント阻害薬は従来の抗がん剤より効果がありますか?


抗血管新生療法の治療歴がある進行腎細胞がん患者にニボルマブを投与すると、エベロリムスの投与と比べ生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018SEP 20
その他

早産したことがある人は、プロゲステロン膣ペッサリーで新生児の呼吸機能不全を予防できますか?


早産の既往がある妊婦がプロゲステロン膣ペッサリーを使用しても、プラセボペッサリーと比べ新生児呼吸窮迫症候群の発症、新生児呼吸器疾患の重症度は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018SEP 03
心疾患

心房細動がある人では、心臓のステント治療後の血栓をできにくくする薬は2種類でもよいですか?


経皮的冠動脈形成術後の心房細動患者に、ダビガトラン、クロピドグレルまたはチカグレロルを投与すると、ワーファリン、アスピリン、クロピドグレルまたはチカグレロルの投与比べて出血が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018AUG 27
冠動脈疾患

安定狭心症に心臓カテーテル治療は効果がありますか?


高度冠動脈狭窄のある安定狭心症の患者に経皮的冠動脈形成術(PCI)を実施すると、プラセボの処置と比べ運動継続可能時間が長い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2018AUG 23
がん

進行した肺がんに免疫チェックポイント阻害薬は通常の抗がん剤治療より効果がありますか?


化学療法後に進行した非扁平上皮非小細胞肺がん患者にニボルマブを投与すると、ドセタキセルの投与と比べ生存期間が長いが、がんが進行する者の割合が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018AUG 13
冠動脈疾患

ショック状態の心筋梗塞の患者では、原因の血管以外の心臓の血管にもすぐに カテーテル治療をしたほうがよいですか?


冠動脈多枝病変のある心原性ショックを伴う急性心筋梗塞の患者に、責任病変のみの経皮的冠動脈形成術(PCI)実施後に段階的に非責任病変の血行再建を行うと、即座に多枝病変のPCI実施と比べ30日後の総死亡、透析を要する重症腎不全が少ない

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2018JUL 26
認知症

抗うつ薬を飲むと認知機能がよくなるのでしょうか?


認知症患者に抗うつ薬を投与しても、認知機能の変化はプラセボと同程度である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JUL 23
その他

更年期のホットフラッシュにはどんな治療がよいですか?


閉経期女性にエストロゲン+プロゲステロン経皮吸収薬、イソフラボン、ブラックコホシュを投与すると、プラセボに比べて血管運動神経症状の頻度が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 19
脳卒中

抗血小板薬を3剤併用したほうが脳卒中の再発は予防できますか?


急性期の脳梗塞または一過性脳虚血発作(TIA)の患者にアスピリン、クロピドグレル、ジピリダモールによる抗血小板薬3剤併用療法を行うと、クロピドグレルのみ、またはアスピリンとジピリダモールによるガイドラインに準拠した抗血小板療法と比べ90日後の脳卒中またはTIAは同等で、出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 05
その他

鼻出血にトラネキサム酸は効果がありますか?


抗血小板薬内服中の鼻出血患者にトラネキサム酸に浸した綿栓を鼻孔内に挿入すると、トラネキサム酸を使用しない綿栓の挿入と比べ10分後に止血が得られた患者の割合が多い

さらに詳しく