Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018DEC 03
骨粗しょう症

カルシウムやビタミンDで、骨粗しょう症の骨折は予防できますかカルシウムやビタミンDで、骨粗しょう症の骨折は予防できますか?


50歳以上の地域住民にカルシウムまたはビタミンDを投与すると、プラセボまたは投与なしと比べ大腿骨頸部骨折が多い傾向にあり、カルシウムとビタミンDを投与すると、同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2018OCT 29
その他

高齢者の転倒予防には、どんな方法がよいですか?


高齢者に多因子介入を行うと転倒が少ないが、傷害を伴う転倒人数は同等であり、運動を行うと転倒人数と傷害を伴う転倒が少なく、ビタミンDの投与では転倒、転倒人数は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018OCT 18
糖尿病

新しい糖尿病の薬、カナグリフロジンで、心不全は予防できますか?


心血管リスクの高い2型糖尿病患者にカナグリフロジンを投与すると、プラセボと比べ心血管死亡、心不全による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018SEP 20
その他

早産したことがある人は、プロゲステロン膣ペッサリーで新生児の呼吸機能不全を予防できますか?


早産の既往がある妊婦がプロゲステロン膣ペッサリーを使用しても、プラセボペッサリーと比べ新生児呼吸窮迫症候群の発症、新生児呼吸器疾患の重症度は同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2018AUG 30
予防接種

インフルエンザワクチンは子供に効果がありますか?


小児にインフルエンザワクチン(生または不活化)を接種すると、プラセボまたは接種なしと比べ、インフルエンザ発症とインフルエンザ様症状が少なく、中耳炎は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2009年発表
CMEC Article
2018AUG 02
感染症

医療従事者のインフルエンザ予防には、N95マスクではなく、サージカルマスクでもよいですか?


医療従事者がインフルエンザ流行期にサージカルマスクを使用すると、N95マスクの使用と比べ検査で確認されたインフルエンザは同等であるが、インフルエンザ様疾患は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2018JUL 30
感染症

インフルエンザの予防に手洗いは効果がありますか?


地域住民に手指衛生の介入を行うと、インフルエンザの発症は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 19
脳卒中

抗血小板薬を3剤併用したほうが脳卒中の再発は予防できますか?


急性期の脳梗塞または一過性脳虚血発作(TIA)の患者にアスピリン、クロピドグレル、ジピリダモールによる抗血小板薬3剤併用療法を行うと、クロピドグレルのみ、またはアスピリンとジピリダモールによるガイドラインに準拠した抗血小板療法と比べ90日後の脳卒中またはTIAは同等で、出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 02
痛み

麻薬依存の再発予防には、どんな薬が有効ですか?


オピオイド使用障害の患者の薬物除去治療後にナルトレキソン徐放薬を投与すると、ブプレノルフィン-ナロキソンの投与と比べて24週後のオピオイド使用の再発が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018MAY 28
その他

静脈血栓塞栓症の再発予防は長期に継続したほうがよいですか?


経口抗凝固療法終了後の特発性静脈血栓塞栓症の患者に、ビタミンK拮抗薬、抗血小板薬、または直接経口抗凝固薬による静脈血栓塞栓症の再発予防治療を継続すると、再発予防治療なしと比べ静脈血栓塞栓症関連死亡は同等で、静脈血栓塞栓症の再発が少ない傾向にあるが、大出血は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAY 21
その他

胃酸の分泌を抑える新しい薬、ボノプラザンは、アスピリン潰瘍の再発予防に効果がありますか?


消化性潰瘍の既往があり、低用量アスピリンの投与が必要な患者にボノプラザンを投与すると、ランソプラゾールの投与と比べ消化性潰瘍の再発が少ない傾向にあるが、胃がん食道がんが多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018MAY 17
冠動脈疾患

心臓病の人は、血液を固まりにくくする薬を2種類使うと、心臓病や脳卒中の予防により効果がありますか?


冠動脈疾患患者にアスピリンに加えて低用量リバーロキサバンを投与すると、アスピリンのみの投与と比べ心筋梗塞、脳卒中、心血管死亡が少ないが重大な出血が多く、リバーロキサバンのみの投与ではアスピリンの投与と比べ心筋梗塞、脳卒中、心血管死亡は同等で、重大な出血が多い

さらに詳しく