Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 29
感染症

同居家族がインフルエンザに感染した場合、バロキサビルで家庭内感染は予防できますか?


インフルエンザを発症した同居家族と接触した健常者に、バロキサビルを投与すると、プラセボと比べインフルエンザの発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 08
脂質異常症

心臓病や脳梗塞になった人は、新しいコレステロールを下げる注射薬(PCSK9阻害薬)で脳卒中を予防できますか?


動脈硬化性疾患の既往がある心血管リスクが高い患者に、スタチンに加えてエボロクマブを投与すると、プラセボの投与と比べ脳卒中、脳梗塞が少ないが、出血性脳卒中はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020SEP 24
感染症

呼吸器ウイルス感染症はマスクで予防できますか?


マスクを使用すると、マスクなしと比べ呼吸器ウイルス感染症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020SEP 07
心疾患

血液を固まりにくくする薬の2剤併用による心臓病や脳卒中の予防効果は、糖尿病の有無で変わりますか?


冠動脈疾患または末梢動脈疾患の既往がある患者にアスピリンに加えてリバーロキサバンを投与すると、アスピリン単独投与に比べて、糖尿病の有無に関わらず心血管死亡、脳卒中、心筋梗塞は少ないが、重大出血が多い

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020AUG 17
高血圧

血圧を下げると認知症は予防できますか?


療法を行うと、プラセボの投与や、緩めの降圧療法と比べ、認知症または認知機能障害が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020AUG 13
その他

がん患者の静脈血栓症の再発予防は、アピキサバンの内服でもよいですか?


静脈血栓塞栓症に罹患したがん患者にアピキサバンを投与すると、ダルテパリンの投与と比べ静脈血栓塞栓症の再発が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUL 16
アレルギー

保湿剤や早期の離乳食で新生児のアトピー性皮膚炎は予防できますか?


新生児に保湿剤を使用、あるいは早期に離乳食を開始しても、介入なしと比べ12ヵ月時のアトピー性皮膚炎の発症はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020JUL 13
高血圧

カルシウム拮抗薬で足の血管の動脈硬化は予防できますか?


高血圧症の患者にカルシウム拮抗薬を投与すると、他の降圧薬またはプラセボと比べ末梢血管疾患の発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUL 09
がん

家族に胃癌の人がいるピロリ菌に感染した人は、ピロリ菌の除菌で胃癌の発症は予防できますか?


第一度近親者に胃癌の家族歴があり、Helicobacter pylori菌に感染した患者にHelicobacter pylori菌の除菌治療を行うと、プラセボと比べ胃癌の発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUL 02
痛み

片頭痛の予防に鍼治療は効果がありますか?


前兆を伴わない片頭痛患者に鍼治療を行うと、通常のケアや見せかけの鍼治療と比べて、13~20週後の片頭痛発作日数と、17~20週後の片頭痛発作回数が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JUN 29
アレルギー

どのような子どもに離乳食を早期に導入すると、食物アレルギーを予防できますか?


完全母乳栄養の3ヵ月児に、早期からアレルギーの可能性がある食物を導入すると、生後6ヵ月頃まで完全母乳栄養を継続した場合と比べ、食物への感作が認められる児では1~3歳時の食物アレルギーが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUN 18
アレルギー

新生児に保湿剤を毎日塗ることで湿疹は予防できますか?


アトピー性疾患の家族歴がある新生児に、スキンケア指導に加えて1歳になるまで保湿剤を毎日使用しても、スキンケア指導のみと比べ2歳時の湿疹は同等で、皮膚感染症が多い

さらに詳しく