Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019OCT 14
高血圧

血圧をしっかり下げたほうが認知症になりにくいですか?


糖尿病の病歴および脳卒中の既往のない高血圧患者に対して、収縮期血圧で120mmHg未満を目指す厳格な血圧コントロールを行うと、収縮期血圧で140mmHg未満を目指す標準的な血圧コントロールと比べて、認知症疑いの発症は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019SEP 05
冠動脈疾患

川崎病に免疫を抑える薬は効果がありますか?


免疫グロブリンに反応しないと予測される川崎病患者に、免疫グロブリンに加えてシクロスポリンを投与すると、免疫グロブリンのみと比べ冠動脈病変合併症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019AUG 26
その他

パーキンソン病では、早期から薬を服用したほうがよいですか?


初期のパーキンソン病の患者に、レボドパ-カルビドパ合剤を早期から投与しても、40週遅れて投与を開始しても、80週後のパーキンソン病症状スコアの変化は同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019AUG 22
冠動脈疾患

アスピリンの心臓病や脳卒中の予防効果は、体重によって違いがありますか?


低用量のアスピリンを投与すると、投与しない場合に比べて、体重70kg未満の患者では心血管イベントが少ないが、体重70kg以上の患者では同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019AUG 08
糖尿病

新しい糖尿病の薬で腎臓病の悪化は予防できますか?


2型糖尿病患者にSGLT2阻害薬を投与すると、プラセボと比べeGFR 40%以上低下、透析を要する末期腎疾患、腎臓要因による死亡の複合アウトカムと総死亡が少ないが、性器感染症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAY 23
糖尿病

糖尿病患者では、アスピリンで心臓病や脳卒中は予防できますか?


心血管疾患の既往がない糖尿病患者にアスピリンを投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少ないが、重大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019MAR 14
糖尿病

糖尿病の末梢神経障害にビタミンEは効果がありますか?


末梢神経障害のある糖尿病患者にトコトリエノールを投与すると、プラセボと比べ12ヵ月後の末梢神経障害の症状は同等で、感染症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019FEB 07
脳卒中

尿酸を下げる新しい薬で心臓病や脳卒中が増えることはありませんか?


心血管疾患の既往がある痛風患者にフェブキソスタットを投与すると、アロプリノールと比べ心血管イベントは同等であるが、心血管死亡と総死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019JAN 31
その他

禁煙治療における禁煙補助薬で心臓病や脳卒中が増えますか?


バレニクリンまたはブプロピオンの投与は、プラセボに比べて12週後の心血管イベントが少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2019JAN 28
糖尿病

低血糖を起こしにくいインスリン製剤はありますか?新しいインスリン製剤を使うと、従来のインスリン製剤より低血糖は少なくなりますか?


2型糖尿病患者にインスリンデグルデクを投与すると、インスリングラルギンU100と比べ症候性低血糖が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018OCT 18
糖尿病

新しい糖尿病の薬、カナグリフロジンで、心不全は予防できますか?


心血管リスクの高い2型糖尿病患者にカナグリフロジンを投与すると、プラセボと比べ心血管死亡、心不全による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018MAY 17
冠動脈疾患

心臓病の人は、血液を固まりにくくする薬を2種類使うと、心臓病や脳卒中の予防により効果がありますか?


冠動脈疾患患者にアスピリンに加えて低用量リバーロキサバンを投与すると、アスピリンのみの投与と比べ心筋梗塞、脳卒中、心血管死亡が少ないが重大な出血が多く、リバーロキサバンのみの投与ではアスピリンの投与と比べ心筋梗塞、脳卒中、心血管死亡は同等で、重大な出血が多い

さらに詳しく