Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAY 21
その他

胃酸の分泌を抑える新しい薬、ボノプラザンは、アスピリン潰瘍の再発予防に効果がありますか?


消化性潰瘍の既往があり、低用量アスピリンの投与が必要な患者にボノプラザンを投与すると、ランソプラゾールの投与と比べ消化性潰瘍の再発が少ない傾向にあるが、胃がん食道がんが多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018MAY 17
冠動脈疾患

心臓病の人は、血液を固まりにくくする薬を2種類使うと、心臓病や脳卒中の予防により効果がありますか?


冠動脈疾患患者にアスピリンに加えて低用量リバーロキサバンを投与すると、アスピリンのみの投与と比べ心筋梗塞、脳卒中、心血管死亡が少ないが重大な出血が多く、リバーロキサバンのみの投与ではアスピリンの投与と比べ心筋梗塞、脳卒中、心血管死亡は同等で、重大な出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAR 01
脳卒中

血液を固まりにくくする薬を複数使うと、心臓病や脳卒中の予防として、         より効果がありますか?


冠動脈疾患または末梢動脈疾患の既往がある患者にアスピリンに加えてリバーロキサバンを投与すると、アスピリンのみの投与と比べて心血管死亡、脳卒中、心筋梗塞が少ないが重大出血が多く、リバーロキサバンのみの投与では、アスピリンと比べて心血管死亡、脳卒中、心筋梗塞は同等で、重大出血が多い

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
2017FEB 06
副作用

アスピリンに重篤な副作用はありますか?


アスピリンを投与すると、重篤な消化管出血、頭蓋外出血が多く、脳出血は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
2017JAN 23
がん

アスピリンを飲むと、がんは予防できますか?


アスピリンを投与すると、がんによる死亡は同等だが、大腸がんによる死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017JAN 19
心疾患

アスピリンは心臓病の予防に効果がありますか?


冠動脈疾患の一次予防にアスピリンを投与すると、非致死的心筋梗塞や総死亡は少なく、非致死的脳卒中と冠動脈疾患死は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析 2016年発表
CMEC Article
2017JAN 12
脳卒中

脳梗塞後の早期再発予防にアスピリンは効果がありますか?


脳梗塞後にアスピリンを投与すると、早期の脳梗塞再発が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016JAN 25
心疾患

アスピリンで心臓病や脳卒中などを予防できますか?


高血圧、脂質異常症、糖尿病を持つ60歳以上の日本人が低用量アスピリンを一次予防目的で服用しても、心血管死亡や非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中の発症はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015AUG 10
その他

深部静脈血栓症の再発予防にアスピリンは有効ですか?


抗凝固療法終了後にアスピリンを内服すると、静脈血栓症の再発が少ないが、大出血は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2015JUL 09
冠動脈疾患

心臓のステント治療後は、2種類の抗血小板薬をどのくらい飲み続けたらよいのでしょうか?


12ヵ月以上の抗血小板薬2剤併用後にアスピリンのみにすると、アスピリンとクロピドグレルの併用と比較して心血管疾患は同等であり、大出血は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
2014JAN 06
痛み

アスピリンは片頭痛に効きますか?


アスピリンを投与するとプラセボよりも頭痛の消失・軽減が多い

さらに詳しく
メタ分析2009年発表
2012JUN 25
糖尿病

アスピリンで、糖尿病による心筋梗塞等を予防することができますか?


心血管疾患のない糖尿病患者にアスピリンを投与すると、主要心血管イベントは少ない傾向にある

さらに詳しく