Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2020MAR 09
うつ病

抗うつ薬に深刻な害はありますか?


抗うつ薬を投与すると、プラセボと比べ総死亡や自殺傾向はほぼ同等であるが、小児または思春期の患者では自殺傾向が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019DEC 26
痛み

慢性の痛みに、感情に焦点を当てた曝露療法は効果がありますか?


感情の問題を合併した慢性疼痛の患者に診断横断的な感情※に焦点を当てた曝露療法を行うと、インターネットを利用した認知行動療法と比べうつ症状、疼痛による影響の改善が大きく、不安症状、破局的思考の改善が大きい傾向にあり、疼痛の強さは改善が小さい傾向にある ※痛みや感情の問題を維持し悪化させる心理的なメカニズム

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2019年発表
CMEC Article
2019NOV 14
うつ病

うつ病の再発予防にエスケタミン鼻スプレーは効果がありますか?


エスケタミン鼻スプレーと経口抗うつ薬で緩解または治療への反応が得られた治療抵抗性うつ病患者にエスケタミン鼻スプレーの投与を継続すると、プラセボへの変更と比べうつ病の再発が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUL 11
痛み

慢性腰痛に抗うつ薬は効果がありますか?


非特異的慢性腰痛の患者に低用量のアミトリプチリンを投与すると、メシル酸ベンズトロピンの投与と比べ6ヵ月後の疼痛の改善が大きい傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019FEB 28
うつ病

ホルモン補充療法で更年期のうつ症状は予防できますか?


うつ症状のない更年期女性に経皮エストラジオールと間欠的なプロゲステロンの投与を行うと、プラセボと比べ、うつ症状の発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2018JUL 26
認知症

抗うつ薬を飲むと認知機能がよくなるのでしょうか?


認知症患者に抗うつ薬を投与しても、認知機能の変化はプラセボと同程度である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JUN 28
うつ病

抗うつ薬を中止すると、不安障害は再発しやすくなりますか?


うつ薬に反応した不安障害患者で抗うつ薬の投与を中止すると、抗うつ薬の投与継続と比べ再発が多く、再発までの期間が短い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018FEB 15
認知症

認知機能に障害がある人に対して高照度光療法は効果がありますか?


軽度認知機能障害または認知症を有する人に高照度光療法を行うと、行動障害が少なく、夜間の睡眠時間が長く、うつ症状が少ない

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017AUG 14
うつ病

青少年の大うつ病にはどの抗うつ薬が効きますか?


フルオキセチンのみがプラセボより効果が高く、デュロキセチンやイミプラミンより忍容性が高いが、ベンラファキシンはプラセボや他剤に比べて自殺のリスクが高い

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
2017APR 03
うつ病

うつ病に抗うつ薬と認知行動療法はどちらが効果がありますか?


大うつ病の寛解、治療反応、うつ病評価尺度は、第2世代抗うつ薬と認知行動療法でほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017JAN 16
その他

アルツハイマー病の遺伝子検査では他の病気との関連も説明してよいでしょうか?


アルツハイマー病の遺伝子検査を受けた成人に冠動脈疾患との関連を説明しても、不安や抑うつは同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
2016SEP 05
うつ病

思春期のうつ病に、抗うつ薬は効果がありますか?


思春期の大うつ病の患者に、抗うつ薬はプラセボと同等である

さらに詳しく